週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621]
前回は、ボールが地面、足、地面と衝突してコントロールされる例を見た。

ここでは、足の裏を用いた同様の例を見る。



















足の部分の拡大図は以下のようである。








ボールは、地面、足、地面の順で衝突している。


一般的に、物はなにかに衝突するごとに勢いを失う。
このため、衝突を何回も繰り返せばいずれ止まる。

例えば、ボールが地面に当たることにより1/3しか跳ね返らないとする。
これは、地面と二回衝突が起これば、理想的には1/9の高さになることを意味する。

足とボールの衝突では、より小さくしか跳ね返らないと考えられる。
なぜならば、このような衝突では、靴底が上に反る効果などが存在するため、地面との衝突より緩衝作用が大きいと考えられるためである。


仮に足との衝突で1/5になるとすれば、3回の衝突で1/45になる。

1/45になれば、ほとんどのボールは高さ的にコントロールされたとみなしうる。

これに加え、ボールに対して上から下に向かって触れることは、自分方向への回転を生みやすい。


これがコントロールにおいて有利であることは以前に見た通りである。

このように、完全に挟むことなく3回の衝突でコントロール可能であるとの認識を持つことは非常に重要である。

次も同様の例を見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター