週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[634] [633] [632] [631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624]
前回まで、浮いたボールをコントロールした後、乱れの少ない姿勢をつくることが重要であることを見た。




ここでは、どのような動きによりそれが達成されるかを見る。

第一に、足を縦に動かし、ボールに上から触れることが重要である。





この動きの利点は、足が最初から地面に向かって動いているため、着地が早いことである。



これは、次のプレーに素早く移るために重要である。

また、上の例のように相手との接触が予想される場面において、着地が早いことは不安定な状態を短時間で抜ける意味でも重要である。

さらなる利点として、足を縦に動かすことは左右へのバランスの崩れをほとんどともなわないことがあげられる。

例えば、これは以前に見た例であるが、足を横に動かすと下の形で体勢の乱れを生みやすい。







姿勢を保つために重要な第二の点は、ボールに接触しない足を浮かせて方向を変えることである。






ボールに触らない足(軸足)の膝に注目すると、最初はサイドライン方向を向いていたものが、手前の10番の方向に向き直っている。




これは、軸足が旋回したことを意味している。
そのような旋回は、軸足に体重をかけた、いわゆるべた足の状態では不可能である。
地面から浮いた状態ではじめて可能になる。

それを実現するため、以下の動きがある。










ボールに触れる前、一度沈み込み、伸びあがる動作が見られる。
これは重心を上に持ち上げることで、軸足を重力から開放することが一つの目的である。

また、別に見た例でもボールに触れない足を浮き上がらせている。







静止画ではわかりにくいが、下の三枚の図を連続的に表示すれば右足が連続的に動く様子がわかる。





これにより、両足がきちんとそろった状態をつくりだしている。

また相手との接触を考えた場合、このような形でぶつかる方が、片足立ちでぶつかるよりもはるかに耐えやすい。
その意味でも良い姿勢といえる。

以上のように、浮いたボールをコントロールした後、良い姿勢をつくるためには、縦に足を動かすこと、軸足を浮かせることが重要である。

次回は、このようなコントロールと接触後にボールが跳ねることについて見る

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター