週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[632] [631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622]
前回は、ボールが地面、足の裏、地面と衝突してコントロールされる例を見た。

ここでも同様の例を見る。






























地面、足の裏、地面と衝突したボールが以下の位置に来ている。



体のほぼ真下にあり、きちんとコントロールされた状態にある。

ここで重要な点は、ボールが次のプレーに移行可能な位置にあることに加えて、選手の体勢がそれにふさわしい状態になっていることである。

以前にも見たように、コントロールという技術は、ボールを適切な場所におくだけでは不十分である。
それと同時に、選手の体勢が次のプレーに切れ目なく移行可能な状態にコントロールされる必要がある。
二つが同時に達成されてこそ正しい技術であり、片方だけ考えるものは無意味である。



この体勢は、いわゆるニュートラルと呼ばれるものに近い。
中心線の傾きがほとんどなく、両足がほぼ同じ状態になっている。
このことは、いくつかの利点を持つ。

まず、前後左右、どの方向に動くことも可能である。
このため、守備者は次のプレーの予測ができなくなり、相手の動きに一瞬の空白が生じる。

同時に、どの方向に動くことが可能であるため、もし守備者が決め打ちで飛び込んできても、その裏を取ることができる。

コントロールの一つの目的は、次の行動に適した体勢をつくることであり、ニュートラルな体勢はその中の一つであるといえる。

次回は、ニュートラルな状態とその後の変化について見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター