週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620]
前回は足と地面の間にボール挟んだと考えられるコントロールを見た。

ここでは同様ながらやや違う例を見る。

具体的には以下のようになる。

















一見するとアウトサイドで地面に挟み込んだようにも見える。
しかし、実際には異なる。

ボールが地面と接触したのは次の図である。



足とボールが接触するのは次の図である。



静止画ではわかりにくいが、冒頭に見た写真を連続的に表示することによりはっきりと見ることができる。

ボールが小さく跳ねたところで接触しており、ボールの衝突は、地面、足、地面の順に起きている。

このようなコントロールは、足の裏を用いても可能である。

次回はそれを見る

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター