週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618]
ここまで見たように、コントロールとは非常に受動性の高い技術である。

それは、ボールが空中にあっても地面近くにあっても変わらない。

足でボールを正確にコントロールするには、末端の部分の変形が重要である。

変形の種類には、以下のようなものがある。


爪先部分の変形





足首の伸展




また、足首から先の左右への変形も重要だと考えられる。


外側への変形





内側への変形





これらの変形に加えて、膝から下などのより大きな部分がボールに押される、もしくは弾かれるように後退する作用も重要になる。










これらが機能するには、関係する筋肉を緊張から開放することが重要であると考えられる。

一方で、足を引くなどの操作は上で見た変形や動きを邪魔する可能性が高い。

例えば、膝から下を引こうと思えばそれに関わる部分に力を入れざるをえない。
力を入れることは筋肉の緊張を生む。
筋肉が緊張すれば、上記の効果を十分に利用することはできない。

つまり、操作と脱力は矛盾する。

このことは育成において重要であると考えられる。
最初に、引いて止めることを選手に教えると、受動的なコントロールが下手になる、もしくは、それを習得する場合に悪い癖が残る可能性が高い。

同様のことは、地面に近いボールのコントロールにおいても見られた。

次は、ロングボールを地面に挟むようにコントロールする例を見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター