週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[623] [622] [621] [620] [619] [618] [617] [616] [556] [615] [614]
前回まで、意図的な操作が困難な状況においても、受動的な接触によりボールがコントロールされうることを見た。

ここでも同様の例を見る。

画像元
Dennis Bergkamp vs Argentina 1998 WC As Seen On American TV

まず、画面左上の選手が画面右へ長いパスを出す。



これを、ペナルティーエリアの縁でフォワードがコントロールする。



コントロール過程の拡大図は以下のようになる。

















































前回までの例と同様、選手は足を前に置いて飛んでいるだけであり、ボールと接触する部分周辺の操作は見られない。

緩衝の様子は以下の二つの図にあらわれる。




足先がボールの進行方向へと変形していることがわかる。
ここでも前回までの例と同様、受動的な接触が行われている。

その直後、足とボールは離れた状態にある。



これは、それ以降ボールに対する操作が不可能であることを示している。

このコントロールの特徴は、接触の後、体とボールがほぼ同じ距離を保つことである。






















足を伸ばしてコントロールしたボールが、地面についた後、足を伸ばして切り返しができる位置にある。




これは、それまでの間、ボールと体が近い速度で動いていたことを示している。
もし、体が動いているのに、ボールが止まっていれば体は前に行き過ぎ、逆であれば、ボールが前に行き過ぎる。

接触の後、ボールと体がつかず離れずの距離を保ったことが、次のプレーへの移行を容易にしている。

これは、以前に見たコントロールでも同様である。






確かにつかず離れずの距離を保っている。

次の例は、ボールの方が体よりも遅い。このため、接触後、体に近づいていく。









それでも、次のプレーに移行可能な範囲に収まっている。






動きながらコントロールにおいては、ボールを地面に対して止めるのではなく、接触後、体と同じ速度にすることが重要であることが多い。

そうなれば、選手から見てボールが止まっている状況になり、次のプレーに移りやすい。

これまでに見た例においては、

コントロールにおいて意図的な操作を行う必要はない
足先、足首の変形によりコントロール可能である
接触後、体とボールの速度差が小さい状態に移行可能である

ということが言える。

次に、このようなコントロールにおけるメカニズムを考える。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター