週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[618] [617] [616] [556] [615] [614] [613] [612] [611] [610] [609]
「さて」

前回からの続きで、ボビー・ロブソンの試合中のアクションについてやな」



「例えば下のようなプレーがある」

「左サイドからセルジがクロス」



「中央にフィーゴ、その外からジオバンニが走りこむ」





「ボールはディフェンスの鼻先を抜け」




「ジオバンニがシュート」









「残念ながら外れてしまう」

「その時の、サー・ボビー・ロブソンの反応は以下の通り」


















「実に熱い」

「これを翻訳すると以下のようになる」



「いいか」



「シュートの時に足をこう」



「横に開きながらボールに触るからいかんのだ」



「それだとインパクトした後」



「絶対に右にそれる」



「それじゃあ外れるに決まってるだろ」



「とまあ」

「このようなことをおっしゃていると想像される」

「次もシュート場面でのリアクション」



「じっと戦況を見つめるモウリーニョ」

「その後ろから白髪のお方があらわれる」




































「これまた熱い」

「翻訳すると以下のようになる」



「いいかお前ら」



「ボールがこう来たらだな」



「こうやって軸足側に蹴るようにしてだな」



「そっから足を返して」



「スパーンと打つ」



「これで終わりだろ?」



「まったく」



「最近の連中はわかっちゃいねえ」



「とまあ」

「このようなことをおっしゃていると想像される」

「しかし、上手いな」

「なにが」

「サー・ボビーのシュートモーションは実に綺麗ではないかね」

「そう言えばそうやな」

「これは、これまでの技術話との関連で言えば、インサイドの裏表の蹴り分けに相当している」

「そのシュートへの応用やな」

「この足をひねった後のバランスなんか普通なかなかできんで」



「上の二つの例から見るに、シュートを決めるということに強いこだわりがある人なんやろな」

「現役時代絶対フォワードやな」

「バルセロナの監督時代も、守備そっちのけで点を取りまくりに行ってたしな」

「実際にシーズン102得点」

「当時としては驚異的な数字で、みんなびっくりしたのは記憶に新しい」

「そうではあるが、モウリーニョはロブソンを尊敬しながら、サッカーの見方という点では、本当に一切それを受け継がなかった」

次はその点を見てみようかと」



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター