週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413] [412]
これは、「正しいインサイドキックとは ~正しい技術 その2 裏~」の続きである。

これまで、正しいインサイドキックとして表と裏を見た。
表とは、足首の角度を斜めに固定し、やや外側から回すように蹴るものである。
裏とは、ほぼ同じフォームから最後に足首を返して蹴るものである。

この二つを組み合わせることで、相手の裏を取り、攻撃を成功させる例を見る。

下図において、中央やや右がわにボールがある。
ここでは、ボールを持った選手と同時に、オレンジで囲まれた守備者の動きに注目されたい。



左足(軸足)を踏み込む。





キックの瞬間、ディフェンスが外側につられている様子がわかる。




パスは中央に出る。
しかし、最初に円で囲んだディフェンダーは、サイドに体を向けている。
以下、スルーパスが通る。








最初に円で囲んだディフェンスは、完全にパスの方向と逆に動いた。
これは、なんらかのフェイントにかかったと考えるのが自然である。

以下に別角度から見る。

左足を踏み込む。



足首の角度を変えずに、中心より軸足側に蹴る、いわゆる表のインサイドキックを見せる。






ここから、急激に足首を捻る。



ディフェンスは、前の段階で見えたパスにつられているため、逆を向く。





結果として、背中側を通されている。

このプレーを矢印で表すと次のようになる。

まず、踏み込みからの流れ、表のインサイドのフォームでは、矢印方向にパスが出るように見える。



しかし、直前に足首を捻る、裏のインサイドを使うことで、矢印方向にパスが出る。



単純に矢印を重ねあわせると、下のようになる。



このイメージのずれから、ディフェンスは裏を取られた。

パスを出した選手は、特別な技を用いているのではなく、普段からのインサイドキックの表と裏、その切り換えを行使しただけである。

ただそれだけで、下のようなチャンスが生まれた。



これは、正しいインサイドキックが、相手の裏を取るという点で非常に優れていることを示している。

同じ流れで相手の裏を取る場面として、下のようなものがある。
最初に通してご覧頂きたい。

今、図の中央右側、センターサークル前に位置する赤い選手がパスを出す。















(最後の図で、ボールは左側の赤い選手の足元にある)

このパスの仕組みは以下のようになる。



表のインサイドで赤いコースを見せ、白で裏を取る。
ディフェンスは、赤につられて黄色方向に動く。
最初の例と同じ原理である。



ここで、下の図において、本当に赤方向へのパスフェイントが入ったか否かが問題になる。



下の図は、キック後のものである。




この時、パスを出した選手の膝は、上の図から下の図において外に開いている。
非常に小さい図だが、連続表示すれば、確かに膝が開き、足首が上に返る様子がわかる。
キックの後、膝が外に開くというのは、先に見たように、最後の段階で捻りを加える、裏のインサイドの特徴である。
つまり、キックの最後の段階で方向が変えられたことを示している。

これと、ディフェンスの動きを考え合わせると、ほぼ確実に、表から裏への変換が使用されている。

ここで大切なのは、スルーパスのために特殊な技術を用いているわけではない点である。
もっとも基本的なインサイドキックを利用しているだけであり、それだけでこれほどの利が得られる。

また、上の2つの例でもわかるように、最後に足を捻るインサイドキックでも非常に正確なパスを出すことができる。
特に2番目の例は、針の穴を通すといってもよいほどの精度で出ている。

このように、精度という点でも正しいインサイドキックで十分である。

パター型のインサイドキックは、「窮屈であるが精度が高い」という理由から使われていた。

しかし、もっと自然な方法で十分な精度が出る以上、使う理由が一切ない。

下の図は、以前に見た、誤ったインサイドキックを用いたためにパスカットを許したシーンである。



これは、パター型のパス方向が早い段階で読まれやすいため、相手に早く動き出されてしまうのが原因だった。

もし、この選手が正しいインサイドキックを身につけていれば、下の形で、白いパスは通りやすい。



さらに、この技術は、守備者と正対する(体の正面を見せて向き合う)場合にも有利である。



表のインサイドは、中心より軸足側に飛ぶ、裏のインサイドは中心より蹴り足側に飛ぶ。
つまり、正しいインサイドを身につけていれば、正対した時に、常に2つの選択肢を自然に手に入れることができる。
これは、サッカーにおいて非常な利点である。
(参考:正対することの重要性

正しいインサイドキックの利点をまとめる

-体の使い方が自然である
-バランスを保ちやすい
-キック後のプレーに早く移ることができる
-最後までパスの方向がわからない
-表と裏を切りかえることで相手の逆を取ることができる
-正対において自然と2つの選択肢が生まれる

精度については、練習が必要である。
足を捻る具合により角度を調整するため、最初はうまくいかない。
しかし、練習により上達する。
一方、誤ったパター型のインサイドキックは、いくら練習しても、上のメリットを手に入れることは絶対にできない。

蹴った後にバランスを崩す、パスの方向を読まれやすい、というのは下手な選手の特徴である。
パター型を教えることは、いわゆる下手くそを大量生産することに他ならない。
これで下手になったとしたら、選手の責任ではない。
教えたコーチの責任であり、コーチにそれを教えたコーチングコース担当者の責任であり、その教科書を制定した者の責任である。

間違った技術を教えることは、選手の可能性を潰し、未来を奪うことにつながる。

次回は、その点について見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター