週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407]
「さてさて」

「マドリーは引き分け」

「これはいわゆるチャンピオンズリーグ病やな」

「なんだそれは」

「チャンピオンズリーグの試合がある前の節に、気もそぞろになって不始末な試合をやらかすという例の病気や」

「確かに、マドリーは欧州で優勝すれば、後はどんな成績でも許されるところはあるけどな」

「ちなみに、チャンピオンズの次のリーガで不始末をやらかすことを特にCL後遺症と呼ぶ」

「さらに加えると、ワールドカップ予選などで、選手が疲弊したり、怪我をしたりすることを、ビールス・フィーファと呼んだりもする」

「サッカー界にも色々と病気があるもんやな」

「しかし、普通、ヨーロッパ病が出るのは、12月とか2月とか、もっと押し詰まってからではないかね」

「ちょっと発症が早いかもわからん」

「先発はこう」



「アルメリアの布陣は、1-4-4-1-1で、トップ下にあたるコロナは、ガゴのマークにほぼ専念する」

「守備を第一に考えた布陣やな」

「ところが、マドリーが先制」

「アルメリアとしては、このまま負けるわけにもいかない」

「前半は、0-1で終わり」

「後半、下の布陣に変化する」

46分:コロナ→ カルー・ウチェ、フアンマ・オルティス→クルトゥワ


「システムも、両翼を上げた1-4-2-3-1になる」

「勝負手やな」

「そして、この変更はどうだったかというと」

「アルメリアは格段に良くなった」

「最近のマドリーの特徴で、引いた相手よりも、出てくる相手に苦労する」

「サイドバックの前のスペースをはじめ、中盤にスペースが多く、中位のチームにも、出てこられると相当に攻められる」

「この試合では、左サイドのクロスを頭で叩かれて同点」

「カシージャスは、ベストの反応を見せたが、手を上げる前にボールが通過してしまった」

「ちなみに、この試合のカシージャスは、シュートに対して重心を落とす、いわゆる沈み込みのタイミングが抜群なので、ビデオをお持ちの方はごらんいただければと」

「そんなこんなで、マドリーは相変わらずだが」

「バルサはずいぶんと調子がいい」

「マラガとの試合、先発はこう」



「最近のセルヒオ・ブスケツは、中盤の底ではなく、一つ前で使われることが多い」

「実に大きく動くいて良いのだが、瞬発力に欠ける点は否めない」

「ちなみに、彼は代表を狙っている」

「そうなんかね」

「この前、デル・ボスケが見に来た試合があったが、明らかに気合の入りようが違っていて、あれはどう見ても代表入りのためのアピールやで」

「普段からその気合でやるべきだという意見もあるけどな」

「野望が大きいのはいいことやろ」

「まあな」

「それはさて置き、この試合の特徴は、なんといっても、ピッチコンディションだった」

「とにかく水が浮きまくっていて、開催すら危ぶまれた」

「それを、マラガが頼み込む形でキックオフ」

「実は、ピッチコンディションが悪ければ悪いほど、バルサにとっては不利になる」

「理屈は、ユーロ2008のスイス対トルコ戦と同じやな」

「細かくつなごうとするチームほど不利を受ける」

「この日は、特に下の部分の状態が悪かった」



「メシが中に切れ込むとボールが止まり、下がったイニエスタがドリブルで前に運ぼうとすると、べしゃっという具合でボールを追い越してしまう」

「特に、イニエスタは自分のやりたいことができず、苦しんでいた」

「ピッチ的に無理でも、普段のプレーをやってしまうのはいたしかたないところかね」

「グァルディオラは、途中、”前に長く蹴れ”というゼスチャを盛んに見せ、修整に必死だった」

「そんな試合も、終わって見れば1-4でバルサの勝ち」

「マラガは、一度は同点に追いついたものの力尽きた格好になった」

「バルサにとって、不利なピッチで勝った意味は非常に大きい」

「というところで」

「また次回」

「お会いしましょう」

「っておい」

「なんや」

「えらい短くないか」

「そんな気もするな」

「気のせいじゃないやろ」

「実は、シャビの組み立てについて調べてたんやけどな」

「それまたなんでや」

「質問をいただいたのに、ちゃんとした答えが出せなかったからなんやけどな」

「ほほう」

「そこで、一つ面白いことに気がついたので、個人技編としてまとめて見ましたので」

こちらからご覧いただければと」

「題して、”両足飛びは技術か?イブラヒモビッチとシャビ”」

「というわけで」

「また次回」

「ご機嫌よう」



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター