週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405]
「さて」

「今週は良く点が入った」

「レアル・マドリー対アスレチックが3-2」

「バルサ対アルメリアは5-0」

「そして、この試合は4-4」

「3試合で18点とはなかなか」

「素晴らしいな」

「先発はこう」



「ビジャレアルは、いつものメンバーだが、アトレチコが目新しい」

「1-4-1-4-1やな」

「アグエロを休ませるのが目的かね」

「もう一つは、ビジャレアルの中盤を止めるのが目的やろうな」

「それで、試合の方はというと」

「まず、2分にシモンが決めて0-1」

「後に見るように、見事なミドルだった」

「21分には、左サイドを抜けたシモンからクロス、ディフェンスの苦しいクリアを拾ったフォルランが決める」

「0-2」

「アトレチコとしては万々歳な展開となった」

「中盤の守りを固めた状態で2点もリードを奪ったら、そら嬉しいわな」

「これに対し、ビジャレアルは、ボールをキープするもなかなか決定機が訪れない」

「こうなると、戦術的に興味深い」

「確かに」

「攻める側にとって、1-4-1-4-1というのは、非常に崩しにくいシステムで、ビジャレアルがどのような方法を用いるか、というのは見所になる」

「この日のベンチは、下の通り」



「普通に考えると、ベティス戦のように、中央にイバガサを入れたいところだが、召集されていない」

「となると、どうやって攻め手を強めるか」

「ピレスを中に動かすか」



「サイドでフリーになる機会が多いものの、クロスが当たっていなかったベンタを代えるか」

「ギジェ・フランコを入れて前線で混乱を巻き起こしていくか」

「はたして、誰をどの順番で入れるのか」

「非常に楽しみだったわけだが」

「前半が終わる前に事件が起きる」

「時は36分」

「アトレチコのバネガが2枚目のイエローを受けて退場する」



「ありゃりゃ」

「これで、ビジャレアルとしては、あまり交代を心配する必要はなくなった」

「しかし、このバネガの退場はない」

「ファールをしたのは敵陣、しかも後ろを向いたペルニアが相手で、危険を犯す意味はひとかけらもなかった」

「勢い余って、というやつかね」

「どうやろな」

「なんにせよ、つまらないファールで退場されたアトレチコもがっかり、ペレグリーニの交代を楽しみにしていた人もがっかりと、2重のがっかりが場を支配した」

「前半はそのまま終わり、後半が始まる」

「セイタリディスが下がり、アントニオ・ロペスが入る」

46分:セイタリディス→アントニオ・ロペス


「こりゃどういう意味やろな」

「イエローももらってなかったし、怪我ちゃうかと思うけどな」

「ビジャレアルは、10人のアトレチコを攻め、47分に1点を返す」

「セナのミドルシュートやな」

「これをレオ・フランコがぽろりとこぼす」

「無回転の妙な変化をしたから、難しいと言えば難しい」

「51分には、ジョレンテが決めて同点」

「ロッシのパスから抜け出し、早く寝すぎたレオ・フランコの脇の下を通して決めた」

「そして、57分」

「ピレスが落としたボールをゴンサロが決めて逆転」

「あっというまの出来事だった」

「たまらず、アトレチコは交代」

「60分、パウロ・アッスンソンが下がり、ラウール・ガルシアが入る」

60分:パウロ・アッスンソン→ラウール・ガルシア


「しかし、68分には、カソルラのパスからロッシが抜け出し4-2」

「1人少ない状態で2点のリードを奪われる」

「アトレチコは終わったと思われた」

「9割くらいの人がそう思ったやろな」

「それは、両監督の交代にもあらわれる」

「まず、70分に、ビジャレアルは、カソルラを下げカニを入れる」

「76分に、アトレチコは、マニシェを下げミゲル・デ・ラス・クエバスを入れる」

70分:カソルラ→カニ、76分:マニシェ→ミゲル・デ・ラス・クエバス


「最初に、カソルラからカニへの交代だが」

「これは、ご苦労さん交代で、代えの効かないカソルラを少しでも休ませるためやな」

「次に、マニシェからクエバスへの交代だが」

「これは、アギーレがこの試合を少し諦めたことを示している」

「実は、ビジャレアルにリードされた後、アグエロがアップを開始していた」

「しかし、2点差がついた時点で、クエバスを投入」

「無理してアグエロを使う必要はない、ということやな」

「ずっと怪我を引きずってプレーしているらしいからな」

「おまけに、今週の中日は国王杯」

「手を抜いても誰も文句は言わない」

「今のうちにアグエロを治しておきたい」

「それなら、4-2かつ1人少ない状態で使う必要はない」

「つまり、負けるにしても、なるべくダメージの少ない形で負けようという意図が見える」

「見えるわけだが」

「実は、カニの登場と、シモンをトップ下に上げて、点を取りに行ったことが決定的な意味を持っていた」

「ビジャレアルは、81分にピレスを下げてマティを入れる」

81分:ピレス→マティアス・フェルナンデス


「これも、もう勝ちました、という交代やな」

「攻めの大駒であり、怪我をすると一番困る、カソルラとピレスを代えて逃げ切り体勢に入っている」

「ところが、その2分後にアトレチコが点を入れる」

「シモンが浮かせたコントロールからディフェンスラインの裏を取り独走」

「キーパーとの一対一を決めて4-3」

「さらに2分後」

「シモンのフリーキックからラウール・ガルシアが頭で決めて4-4」

「なんと」

「まあ」

「恐ろしい展開であることか」

「実は、ビジャレアルの中で、カニがこれを止めることのできる可能性を持っていた」

「アトレチコの3点目で、シモンが裏に抜け出した時」

「カニは一度これに追いつく」



「しかし、間に合わぬと見て、万歳をして通す」



「結果、シモンはフリーになる」



「ここから、左に打つ踏み込みを見せ、インサイドでこするように逆に打つ」

「下の状態から、カニは足をかけることができる」



「ただし、ここでファールをすれば、赤紙退場は間違いない」

「状況は、11対10で1人多く、4-2で2点リードしている」

「はたして、かけるべきかかけざるべきか」

「悩むところやな」

「倒せば、10対10、2点リードで戦える」

「通せば、11対10、1点リードで戦える」

「今夜のご注文は」

「どっち」

「古いな」

「自分が言い出したんちゃうんか」

「それにしても、難しいな」

「シモンがシュートミスでもしてくれたら、1人多いまま、2点リードで戦えるから一番いいねんけどな」

「カニもそう判断したんやろな」

「倒して、退場してフリーキックを決められたら、下手すると逆転まであるしな」

「それは流石に可能性は低い」

「結局どうする」

「監督の立場としたら、気合で倒しとけ、と言いたいところやな」

「そうか」

「この試合の、時間によるシュートとクロスのデータを見ると面白い」


http://www.as.com/futbol/partido/Villarreal-Atletico-0289_00_08_0042_0002

「うむ」

「なんとも味わい深い」

「前半、ビジャレアルの方がシュートを打ったものの、点を取ったのはアトレチコ」

「後半開始から、ビジャレアルは、1人少ない相手を攻めて4連続得点」

「アトレチコは、58分辺りから、クロス1本上げられない時間が続く」

「そんな中、83分に突如得点」

「2分後にもう1点」

「これに対し、ビジャレアルは、カソルラを代えた70分から攻め手が鈍っている」

「交代が的中して同点に追いついたアギーレ、交代が裏目に出たペレグリーニともいえる」

「裏目いうても、神様でもなければ、あんな展開を読みきれへんて」

「そりゃそうかもしらん」

「シモンを上げたらそのシモンが点を取った。一方、交代で入ったカニに重大な決断が委ねられていた」

「勝負のアヤはかくも不思議というところで」

「また次回」

「ごきげんよう」

「今週の個人技編は、こちらこちらにありますので」

「よろしければ」

「ご覧下さい」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター