週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406]
ボールを持ち、周囲の動きをうながす。









手のひらを上に返し、寄ってくるように催促している。
ここから、両足をそろえ、空中に浮かぶ。




右足を着地し、そのままインサイドキックに入る。










ほとんど歩くような踏み出しからキックが行われている。

また、この流れにおいて、この選手は一度もアゴを引いていない。
常に顔を上げたままであり、これは、ディフェンダーの動きを牽制することにつながる。

以上の動作は、相手のプレッシャーのない状態で行われている。

次に、正面にディフェンスを置いた状態で使われる例を見る。

今、ボールを持った選手は左に攻めている。




ここから一度右足を踏み込み、キックフェイクを見せる。





ジャンプする。





両足で着地する。




正面のディフェンスは、それを見て両足をそろえる。



これに対し、もう一度両足をそろえてジャンプする。(*注1)





ここで、正面2人のディフェンスの足が揃う。



ここから左に切り返す。









右足のアウトサイドでスルーパスを通す。







イブラヒモビッチと同様、両足で飛ぶことにより、左右どちらにでも動くことのできる状態をつくり、ディフェンスとの距離を保ち、受身に回している。

相手の足を揃えさせて、距離を保ち、間をつくる、そこから先手を取るという意味で重要な技術であると考えられる。

相手を躊躇させるには、両足で飛んだ後、着地からそのまま左右に切り返す技術、同じく、そのままパスを出す技術が必要である。


*注1:この時、右足で蹴るフェイントが入っている可能性がある。


Rg
無題
こんにちは。

サッカーでこのようなことをする選手がいるんですね。
ユーロ決勝をテレビで見ましたが、シャビがこのようなプレイをしてることに全く気がつきませんでした。

エントリーを読んですぐに頭に思い浮かべたのがバスケットボールです。
バスケットボールでは両足が離れた状態でボールを受け、両足で着地することが根本的なスキルになっています。
このスキルがボールを受けるうえで「根本的」なのは、バスケットボールのプレイコートが小さく、ボールを持ったまま3歩以上歩くことができないという制約があるため、一歩目が極めて重要になるからです。
studio c60さんの仰る通り左右どちらでも足を踏み出せるように、両足で着地することが原則となっています。

ところで、バスケットボールのこのスキルですが、日本人選手とNBAの選手ではある違いがあります。
日本人選手は大きく跳ねて誰の目にもわかるようにする選手が多いのに対して、NBAの選手はほとんど跳ねずに行う選手が多いという違いです。(もちろん比較論です。)

跳ねてから着地するまでの時間は、守備側が着地のタイミングに合わせて対応するための「時間」でもあります。
これは実際にバスケットボールをプレイして感じることですが、大きく跳ねる選手を相手にすると、その「時間」がある分、1.着地後の膝の角度や体勢を観察する準備と、2.観察後に対応するための準備を整えやすいので対応しやすいです。
逆にあまり跳ねない選手の場合はその「時間」がな少ないので準備を整えにくいです。

この違いがスキルを意味のあるものにするか、意味のないものにするか分けると考えているのですが、サッカーも同じかなと今のところ考えています。
そこでお聞きしたいのですが、イブラヒモビッチとシャビはどのくらい跳ねているのでしょうか?
言い方を変えると、ジャンプを”ステップを踏む”という意味の「ステップ」と表現した場合、彼らはどのくらい細かくステップしているのでしょうか?
y2008/11/25 07:53z NAME[ehutaiby] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
なるほど、確かに飛ぶにしても、小さい方が良さそうです。
シャビについては、こちらをご覧下さい。
http://c60.blog.shinobi.jp/Entry/433/

イブラヒモビッチについては、該当ページの写真が、もっとも細かいフレームのものです。
元動画を見ていただければわかるのですが、非常に駒数の少ないものです。
このため、あれ以上のデータはありません。

バスケットボールの視点から見て、シャビの浮きは大きいものでしょうか?小さいものでしょうか?
非常に興味があります。

またなにかありましたらお寄せ下さい。
y2008/11/28 06:30z
無題
こんにちは。

紹介頂いたエントリーにてコメントを返させて頂きました。
(こちらの返信は不要です。)
y2008/11/27 23:12z NAME[ehutaiby] WEBLINK[] EDIT[]
勘違いしてました
この技術を試してみようとチャレンジしてたのですが要領が分からなくて、
記事を読み直して気づきました。
「両足で跳ぶ」のではなくて、「両足で着地する」のが大事なんですね。
y2008/12/15 13:38z NAME[a] WEBLINK[] EDIT[]
Re:勘違いしてました
おそらく、もっとも近い表現は、「両足を揃えて浮く」だと思います。
踏み切りも、着地も、片足でかまいません。
ここでのシャビは、右足で飛び、右足で着地しています。
空中で、体の軸が真っ直ぐに伸び、両足がほぼ同じ状態になることが鍵であると思います。
この技に、なにか良い名前があればお教えいただければと思います。
引いた画像ですが、キャリックが同様の行動を取る例を見つけましたので、そちらもご覧下さい。
http://c60.blog.shinobi.jp/Entry/438/
y2008/12/20 05:28z
Re:Re:勘違いしてました
ありがとうございます。なるほど「両足を揃えて浮く」んですね。
このステップの後、次のプレーに自然に繋げるのが意外と難しいです。練習中ですが、ぎこちなくても守備者の出足を止めるのには十分効果が出ているので、自然にできるように練習を続けたいと思います。
(技の名前ですが、リセットステップなんてどうでしょう^^;)
y2008/12/20 18:19z NAME[a] WEBLINK[] EDIT[]
Re:Re:Re:勘違いしてました
確かに次のプレーにつなげるのは、中々難しいものがあります。
最近、浮いてそのままインサイドキックにつなげることはできるようになりましたが、
シャビのように、浮いて着地してまた飛んでマイナスに切り返すといった器用なことはできません。
実際に試された上で、効果が出ているとのことで、心強い限りです。
それまでのステップをリセットするからリセットステップですか。
動作からではなく、効能を表す名前もいいかもしれません。
しばらく、心の中でそのように呼び、しっくり行くか試して見ようと思います。
y2008/12/30 06:36z


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター