週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402]
アトレチコ 1-1 リバプール

先発


アトレチコは、シマナが引いてシャビ・アロンソをマークする関係で、1-4-1-4-1に近い配置だった。

リバプールの先制点は、14分、セイタリディスのミスが発端となった。
セイタリディスが、サイドから中央へのパスを相手に渡し、それを一度は回収するものの、シマナ・ポンゴールが中盤で奪われ、ジェラードのパスからキーンに決められた。

アトレチコは、ウィファルシを欠き、後方で慌てる場面が非常に多かった。

46分 ルイス・ガルシア→クン・アグエロ


アグエロが入り、普段の1-4-4-2に戻った。
前線にアグエロ、フォルラン、シモンが揃うことにより、リバプールが狭めるスペースを抜けることができるようになった。
右サイドに移ったシマナは、ラインの裏へのパスにおいて良い狙いを見せた。

しかし、後方からの組み立てに関しては、アントニオ・ロペス以外、問題が多い。



センターバックか右サイドバックに1人、中盤に1人、組み立てを良くする選手を入れたい。
例えば、中盤に関しては、後ろを支えてパスも出せる、エグレン、ブルーノ、セレスティーニのような選手が入れば、マニシェ、ラウール・ガルシアの前へ出る能力が生きる。



ユベントス 2-1 レアル・マドリー

先発


ユベントスの守備の特徴は、下のような特徴があった。



中央に壁をつくり、右のセルヒオ・ラモスにはネドベドが詰める。
逆サイドのマルキオンニは、スナイデルへのパスを防いでからサイドに出る。
このため、ハインツェがボールを持たされる時間が長かった。

レアル・マドリー唯一の得点は、ハインツェのクロスをファン・ニステルローイが決めたものだった。
ハインツェとしては、意地の一撃といえる。
それほど速くないクロスだったが、中央が4-3で数的優位であったことが幸いした。

ユベントスは、カウンターの初期段階においてミスが多過ぎた。
パスミス、判断ミス、ドリブルミスを連発していた。
原因としては、選手の質、チーム状況によるプレッシャー、自信のなさなどが考えられる。
後半、マルキオンニ、シソコ、ネドベド、サリハミチッチが中盤に並んだが、見事なほどにボールが出てこなかった。

レアル・マドリーについては、良くも悪くもこれまでと変化はない。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター