週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[407] [406] [405] [404] [403] [402] [400] [399] [398] [397] [396]
「さて」

「スペインは連勝街道まっしぐら」

「恐ろしいほどに順調である」

「勝ったとはいえ、この試合は、非常に厳しいものだった」

「先発はこう」



「スペインは、いつものメンバー」

「ベルギーは、1-4-1-4-1」

「前回のエストニアと同様やな」

「やはり、1-4-4-X系のシステムに対しては、中盤の守備が抜群に堅いから、スペインを押さえようと思うとこの配置になる」

「守備においては、フェライニ、ベルトルゲンがシモンスのカバーを背景に、セナ、シャビを非常に近い位置で押さえ、自由を与えなかった」

「ソンクもフアニート、プジョルを捨て、セナ、シャビをマークする場面が多かった」

「攻めにおいては、コンパニーからのパスが良く、また、奪ったボールを直接前線に出さず、一度後方でキープした後、長く展開する流れがよく効いていた」



「コンパニーは、チップキックで、フェライニの胸によく合わせていた」

「フェライニは、背が高くて、浮き球の処理が非常に上手く、キープした後に展開もできる」

「調べたところ、194cmで、エバートンへの移籍金額は、ベルギー人史上最高額らしい」

「さもありなんというところやな」

「ベルギーでは、攻撃において、やはり、フェライニ、バンデン・ボーア、コンパニーが目立つ」



「フェライニは、低い位置から組み立てた後、前へ出てボールを受けてはさばく」

「バンデン・ボーアは、サイドでのドリブルからのクロス」

「コンパニーは、最終ラインからの組み立て」

「ボールを回収したコンパニーは、スペインのプレスをいなしながら正確につないでいた」

「おまけに、7分のベルギーの先制点も彼のアシストだった」

「今、右のコーナーキックから、逆サイドのコンパニーにボールがこぼれる」





「画面上の方で、ディフェンスと向き合っているのがコンパニー」

「ちなみに相手は、セルヒオ・ラモス」

「縦に抜けるフェイントから」



「マイナスへ戻す」



「ここで、セルヒオ・ラモスとの押し合いに勝ち、体を前に入れる」

「そして、クロス」






「ソンクの浮かせたヘディングは、逆サイドにふわりと収まった」

「いやまあ」

「おそろしい」

「ラモスの逆を取り、ラモスに競り勝ち、正確なクロスを上げるセンターバックというのはおそろしいな」

「驚異的な性能としか言いようがない」

「そうは言っても、セルヒオ・ラモスは怪我の影響で動きはそんなに良くないんやけどな」

「それを割り引いても凄いで」

「そうやけどな」

「なにはともあれ、コンパニーのボール扱いに対する自信というものは、後方からの組み立てにおいても非常な役割を果たしていた」

「ベルギーの攻撃において目立つのは、下の図で青く囲まれた3人」



「逆の意味で目立つのは、トップのソンクと、左のデュフォーやな」

「ソンクは、ワントップとしては、長いボールのキープに難があり、デュフォーは、相手の正面を向くまではいいが、そこから仕掛ける際に自分でバランスを崩すため、有効なプレーができない」

「フェライニを一つ上げて、1-4-4-1-1のような形の方が、ソンクはやりやすいやろな」

「それをやると、中盤の守備が甘くなるから難しいところや」

「ベルギーは、1-4-1-4-1で守備を固めた状態でセットプレーから先制して、願ったりかなったり」

「スペインとしては、苦しい流れの中、16分にアクシデントが起こる」

「トーレスが負傷退場」

「変わってセスク・ファブレガスが入る」

16分:トーレス→セスク・ファブレガス


「1-4-4-1-1で、セスクが後ろ、シャビが前」

「その配置は、エストニア戦と同じ」



「これ、不思議やな」

「何が」

「別に、シャビが後ろで、セスクが前でよさそうなもんやろ」

「そらそうやな」

「その中で、あえてセスクを後ろ、シャビを前にする理由というのは気にならんかね」

「なんやろな」

「色々理屈は考えてみたものの、どうも絵空事にしかならないので、ぜひデル・ボスケ本人に聞いてみたいところやけどな」

「興味は引かれるところやな」

「ちなみに、この交代の後、ベルギーのシモンスの動きが変わる」

「スペインがツートップの間は、センターバックの間に入ることが多かったが、シャビが前に出てからは、中盤にいることが多くなる」

「自然な変化やな」

「そんなこともありつつ、スペインは、堅いベルギーを攻めあぐねていたが」

「ひょんなことから同点に追いつく」

「ベルギーのディフェンダーがヘディングでクリア」



「その浮き球を、フェライニが綺麗にコントロールする」



「そこからバックパス」



「セスクに渡してしまう」



「ありゃ」

「まあ」

「こりゃいかん」

「いかんなんてもんじゃないな」

「ここから、セスクがスルーパス。イニエスタがディフェンスとキーパーをかわしてシュートを決める」

「ここのイニエスタのドリブルはさすがやな」

「さすがやけど、キーパーも早く寝すぎやで」

「スタイネンは、寝癖というか、相手の動きに過剰に反応しすぎるところがあって、その癖は、最後のビジャのゴールでも出る」

「なんにせよ、この失点の責任は、80%以上、バックパスを敵に渡したフェライニにある」

「テクニックがありすぎて自滅した形やな」

「攻撃で上手い選手というのは、えてして状況をなめすぎて軽くパスを出し、えらい目にあうことがある」

「やらないでいい点をやってしまったベルギーとしては痛い」

「1-1のまま前半は終わり」

「後半に入る」

46分:ファン・バイテン→デームス


「ファン・バイテンが下がり、デームスが入る」

「これはどういうことやろな」

「おそらく、スペインがワントップになったことに関係している」

「そうかね」

「トーレス負傷後のスペインは、下のような展開が増えた」



「ボールに触れないシャビが下がってくる現象か」

「そうなると、中盤の真ん中でいくらでもパスはつながるが、ゾーンの間を通すパスというのは出にくくなる」

「1-4-1-4-1を相手にすると、もともと出にくいし、受ける人が下がっていなくなったらますますやな」

「その結果、パス回しの中からタイミングを計って、裏に抜けるビジャにロングボールを合わせることが多くなった」

「ビジャは飛び出すのが上手く、セスク、シャビは落とすのが上手いから、当然といえば当然やな」

「ビジャの飛び出しに対抗するために、センターバックは速い方がよく、それがファン・バイテンからデームスへの交代の理由だと考えられる」

「つまり、左サイドバックからセンターバックの位置に入ったベルメーレンの方が、ファン・バイテンより速いということか」

「ほぼ間違いなくそうやな」

「その後、試合は同点のまま進み」

「64分にカソルラが下がり、シャビ・アロンソが入る」

64分:カソルラ→シャビ・アロンソ


「うむ」

「すごい変化やな」

「トップ下にイニエスタ、シャビ、セスクか」

「みんな中に来て、サイドが消える配置や」

「これでスペインが良くなったかというと」

「そんなこともなく」

「73分にデュフォーが下がり、ダンメが入る」

73分:デュフォー→ダンメ


「そして、スペインの次の交代が興味深い」

「その時ベンチにいたのは、レイナ、アルビオル、フェルナンド・ナバーロ、アルベロア、グィサ」

「はたして誰をどこに入れたかというと」

85分:イニエスタ→グィサ


「グィサが左の中盤として入る」

「これは、本当に中盤としてプレーしていて、左に出たフォワードというわけではない」

「びっくりな起用やな」

「少なくとも、見たことはないな」

「さらにびっくりなのは、88分に、そのグィサのクロスからビジャが決勝点を奪う」

「後で見るように、ヘディングからやな」

「凄い起用というかなんというか」

「どうなっとるんやろな」

「おそらく、イニエスタを代えるのに、グィサしかいなかっただけで、それを狙って投入したわけじゃないと思うけどな」

「しかし、ベンチに、レイナ、アルビオル、フェルナンド・ナバーロ、アルベロア、グィサしかいないというのも変な気はするな」

「ディフェンスが、アルビオル、フェルナンド・ナバーロ、アルベロアと3人もいて、普通より1人多い」

「リーエラみたいな、サイドの選手を1人入れておきそうなもんやけどな」

「どこかで守備的な戦いを想定していたのと、セルヒオ・ラモスが怪我持ちであるというのが関係しているのかね」

「どうやろ」

「この試合、スペインはかったものの、決して楽ではなかったというのは、下の図にも見られる」


出展:http://www.as.com/futbol/partido/Belgica-Espana-0279_10_05_0395_0163

「ボールを60%以上保持していたわりに、シュートは多くない」

「50分から75分までは、25分間、一本も撃てなかった時間帯もある」

「その中で、交代がどんぴしゃりのゴールで逆転勝ち」

「デル・ボスケのパワーかね」

「悪い状況で、チームがまったくパニックにならないというのはあるが、それにしても理屈を越えた凄さがある」

「というところで」

「試合内容はこれにて」

「次に、決勝点となったビジャのシュートに対するキーパーの動きに関する文章がありますので」

「よろしければこちらから」

「どうぞ」

おまけ:
2004年のベルギー代表対スペイン戦アウェー


*注:ベルギー選手の名前は、下記ページを参照しました
http://members.jcom.home.ne.jp/wcup/belgium.htm■■■

Rg
無題
ビエルサのチリVSアルゼンチンをぜひ解析してほしいです。よろしくお願いします。
y2008/10/17 22:10z NAME[ひかり] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
コメントありがとうございます。
残念ながら、その試合はチェックしておらず、ビデオもないため解析することができません。
試合後、チリが勝ったと聞き、見なかったことを非常に残念に思っています。
またなにかありましたらお寄せ下さい。
y2008/10/18 08:56z
無題
細かくて申し訳ないのですが、コンパニーはマンチェスターシティーに移籍しています。マンCでは中盤の守備的なポジションでプレーしています。足元の上手さはそのせいかもしれませんね。ヴェンゲルも長年追い続けていたようです。
y2008/10/17 23:29z NAME[ファブレガス] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
なるほど、シティでは中盤の底で使われているのですか。
それは知りませんでした。
じつは、2004年、ルイス・アラゴネス就任直後のスペイン対ベルギー戦で、コンパニーは先発出場していました。
http://file.c60.blog.shinobi.jp/esp_bel_2004.gif
関連記事

その時から、「いずれ世界を代表するディフェンダーになる」という触れ込みでした。
実際に試合を見て、それほどのインパクトを受けず、首をかしげていたのを思い出します。
この試合では、明らかに周囲と格が違う働きでした。
有益な情報をありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
y2008/10/18 08:33z
無題
お返事ありがとうございます。3-4-3は難しい、と聞くのですが、ビエルサは3-4-3(3-3-1-3)を好む監督ですよね?実際に彼はどうやってそのチームを機能させているのか気になります。いつか機会があったらぜひお願いします。
y2008/10/18 14:01z NAME[ひかり] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
確かに、近年、3-4-3がきちんと機能しているところをほとんど見たことがありません。
ビエルサのチームがそのようなシステムを採用しているとしたら、非常に興味があります。
映像を見ることができ、何かが見えればきっと書くと思います。
また何かありましたらお寄せください。
y2008/10/20 08:17z


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター