週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[406] [405] [404] [403] [402] [400] [399] [398] [397] [396] [395]
「さて」

「相変わらず順調なスペイン代表であるが」

「エストニア戦では、非常に興味深い交代が見られたので、その辺りを見て行こうかと」

「うむ」

「まず、先発はこう」



「スペインは、中盤にシャビが2人並んでいるのが特徴的である」

「相手が引いてくるのは確実なので、そこに組み手の上手い2人を並べるとうことやな」

「それで守備的にも心配ないと」

「そういう判断やな」

「エストニアの試合運びは、予想通りに守備を重視していた」



「プジョルにボールを持たせ、中盤での寄せを早くすることでスペインの選手に技をかける時間を与えず、非常に良い守備をしていた」

「かつ、攻撃では、ほとんどカウンターに出ていかなかった」

「特にサイドの選手の切り換えが非常に遅い」

「ボールを奪ってもまったく前に出て行かない」

「実に消極的だった」

「前半はとにかくしのいで、後半勝負、とうことやな」

「しかし、35分にシャビのフリーキックからフアニートと頭で決めてスペイン先制」

「37分には、カウンターからビジャが右サイドを抜けてクロス」

「中でトーレスが倒されてPK」

「ビジャが決めて、0-2」

「もろくも狙いは崩れさる」

「スペインに回されて崩されたというのではないだけに悔しい」

「最初の得点につながったフリーキックなんか、まったくいらんファールからやったしな」

「攻めなければいけないエストニアであるが、攻撃において下のような特徴があった」



「まず、トップのボスコボイニコフはワントップで苦しい」

「体が大きく、ターゲットに使う選手だが、ロングボールをキープできない」

「コントロール技術もさることながら、読み合いの面でも、フアニートに当たるフェイントから体を引かれてバランスを崩すなど、負ける場面が目立った」

「次に、左サイドバックのクルグロフから良いパスが出ない」

「組み立てで長いパスを出すと通らず、逆サイドに展開するパスもことごとく合わない」

「前半のエストニアは、彼が空く場面が多かっただけにもったいなかった」

「この2点がしっかりしていれば、もう少し押し返しが効いた」

「キーパーと1対1になる決定的なチャンスを一度作ったが、攻め手は非常に少なかった」

「逆に、右サイドバックのヤーゲルは、組み立てが非常に上手い」

「自分の動きに、周囲がどう反応し、どのようなスペースができるのかをきちんと把握している」

「どんな国にも、こういった、いわゆるサッカーのわかる選手が何人かいるのは面白い」

「ただ、守備面では、イニエスタにしろ後半出てくるリエーラにしろ、まったく止めることはできなかったし、スルーパスに対する読みも外れていた」

「まあ、組み立てができて、イニエスタとリエーラをきちんと止められたら、トップクラスのチームでプレーできるけどな」

「そして、中盤の中央に位置する、14番ヴァシリェフと13番ヴンケ」



「きちんと相手を向いてプレーすることができる点で非常にいい」

「前半は、守備に重きを置いていたが、端々にボールをもってよいプレーを見せた」

「その前半は、0-2とスペインリードで終了」

「追いつきたいエストニアは後半どうしたかというと」

「ガードを解いてきた」



「上はボールを持った時の概念図で、ヴンケとヴァシリェフのどちらかがフォワードに近い位置まで上がるようになった」

「スペインには、ある程度スペースを空けた長い展開が有効で、その訳は、ユーロのスウェーデン戦とかわらない」

「これで、徐々にエストニアは良くなっていく」

「そんな中、53分にセルヒオ・ラモスがイラオラに交代」



「これは不思議に思う」

「この状況なら、理屈的には、フォワードとサイドとボランチを代えそうなもんやしな」



「この種明かしは単純で、セルヒオ・ラモスは1週間以上前から怪我を引きずってプレーしていたためなんやな」

「この後、さらにエストニアペースになり、3回連続で決定的チャンスを迎えるなど、雲行きが怪しくなる」

「ところが、69分、シャビのフリーキックからプジョルが押し込んでスペインが追加点」

「ありゃ」

「1点目に続き、またシャビのフリーキックが炸裂した」

「この日の彼のキック精度というのは恐ろしく、フリーキックにしろコーナーキックにしろ、どんぴしゃで味方に合っていた」

「当たり日やったんやな」

「そして、得点直後、デル・ボスケが動く」

「70分、ビジャを下げて、セスク・ファブレガスを入れる」



「その前の59分に、エストニアのキンクがプリエに代わっている」

「これは、56分にキンクがイエローをもらっていたことが関係しており、疲労の他に退場を心配している」

「そういえば、最初、イニエスタを倒してスペインの先制点を呼び込んだのもキンクやったな」

「それはさて置き、ビジャからファブレガスという交代は興味深い」

「まず、その後に採用されたシステムは、1-4-4-1-1だった」

「1-4-1-4-1ではない」

「シャビは、セスクが入った段階で後者だと思っており、ポジションをセスクの隣に下げようとしていた」

「しかし、セスクが、”戻ってくるな、戻ってくるな、いいから前に居ろ”というゼスチャーを見せてそれを制止した」

「その意味は、主に3つある」



「まず、一つは、相手の中盤の三角形に対して、こちらも三角形で対抗する」

「じつは、1-4-4-2で1-4-1-4-1を相手にすると、中盤の中央で数的不利を招く場合がある」

「前者は、ボランチが2人なのに、後者は、それに対応する場所に3人居る」



「上の図では、シャビ、シャビ・アロンソ対ヴァシリェフ、ヴンク、ドミトリイェフで、2対3やな」

「フォワードがきちんと下がっているうちは問題ないが、なにかの拍子にずれることがある」

「典型的な例が、ユーロ2008の決勝やな」



「上の状況で、フリングスはシャビ、ヒツルスペルガーはセスクについて、その前のセナがフリーになっている」

「その状況を避けるには、フォワードの片方を下げて、ディフェンスラインの前に残る1人につけてしまうのが一番早い」

「実は、ビジャレアル対ベティスでも、それは行われている」





「ビジャレアルは、一番目の形でリードを奪った後、二番目の形に変更した」

「ギジェ、イバガサのどちらかが、必ずアウレリオについていた」

「1-4-4-2で1-4-1-4-1を受けるには、フォワードのどちらかを下げて、中盤の1につければいい」

「監督をされる方は、おぼえておかれると便利な定石かと」

「二番目の狙いとして、セスクをディフェンスラインの前で左右に大きく動かし、低い位置からの組み立てを担当させるというのがある」



「大きく動くとなると体力を消耗するので、新しく入った選手がやる方がよい」

「おまえけに、受けるスペースを変えながらボールを引き出すというのは、セスクの得意とするところでもである」

「相手が長い展開で押し込んできたとしても、セスクを経由することによりボールを落ち着けて前につなぐという意図がある」

「3番目はシャビで、広がった中盤のスペースでパスを受けて、スルーパスなりサイドへの展開へつなげようということやな」

「組み変えて早々、トーレスに2つスルーパスが出た」

「一つは、トーレスがコントロールミス、もう一つはディフェンスにカットされた」

「まあ、まとめると、中盤にヘルプを増やすことで守備的に安定させ、組み立てで低い場所でセスク、高い場所でシャビを使おうということになる」

「それで非常に上手くいった」

「試合が急に落ち着いたしな」

「しかし、一つ疑問が残る」

「なんや」

「相手が縦に長い展開を仕掛けている時に、ハイボールい強いわけでもなく、長い距離を走ることに向いているわけでもないセスクを入れるのは、守備的には矛盾であり、そのデメリットが出るという理屈も成り立つ」

「例えば、オーストラリア対日本で、小野を入れたときのような話かね」

「そうやな」

「スペインの場合、一人中盤に近づけて、きちんと守備に人数を増やしているというのは大きい」

「シャビか」

「それに、エストニアは、ハイボールからヘディングで勝負していたわけではなく、スペースに送ることで攻めていた。それなら、同じような特徴を持った選手で、より新鮮な選手を入れるというのは守備面で矛盾しない」

「さよか」

「違うか?」

「まあ、70分以降に試合が落ち着いたのは確かやけど、それがセスクのおかげとばかりは言えへんやろ」

「69分のゴールで、エストニアががっくり来たのは確かやしな」

「図にすると、下のようになる」


引用元:http://www.as.com/futbol/partido/Estonia-Espana-0279_10_04_1393_0163

「一応、グラフが上に行けば行くほど、チャンスが多いということになる」

「見ると、後半開始からスペインの攻撃が止まり、徐々にエストニアペースになったことがわかる」

「ところが69分にスペインがゴール」

「70分にセスクが登場して、再びスペインが優位に立つ」

「それにしても、前半、エストニアは良く守ったとはいえ、やっぱりやられてるな」

「そりゃ、戦力差が段違いなんだからしょうがないで」

「そこで思うんやけどな」

「なんや」

「スペインは、エストニアが引くと予想してシャビとシャビ・アロンソを中盤に並べたわけやろ」

「そうやな」

「それに対して前に出れば、後半開始からのように、わりと優位に戦える」

「それがどうした」

「それなら、キックオフと同時に最初から前に出たらどうかと思うわけや」

「奇襲か」

「15分くらいバンバン選手を前に上げて、相手が空けた中盤を攻めていくわけや」

「それで、ビジャへのロングパスを返されて、一発で沈むわけか」

「まあ、その危険はあるけれども、相手のペースにはまらず、こっちから主導権を握りに行くという意味ではええやろ」

「博打やけどな」

「やる価値のある博打やと思うけどな」

「まあ」

「そんなこんなで」

「また次回」

「ご機嫌よう」



おまけ:

先発:スペインのみ


最終配置


Rg
おまけの画像
上下が逆のようです。

現状は、最終配置が上、初期配置が下、
となっているようです。
y2008/10/13 15:27z NAME[ZERO] WEBLINK[] EDIT[]
Re:おまけの画像
ご指摘ありがとうございます。
修整しました。
またなにかありましたらよろしくお願いします。
y2008/10/13 21:31z
無題
ビエルサのチリVSアルゼンチンの解析をぜひやってほしいです。お願いします。
y2008/10/17 22:07z NAME[ひかり] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター