週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390]
「さて」

「またバルサか」

「そういうな」

「そろそろみんな飽きてくるころやで」

「わしも前回を区切りにバルサのことは当分やめようと思ってはいたんや」

「そうやろ」

「ところが、この試合は色々と恐ろしいというか、おかしなことが起こったから、避けて通るのはもったいない」

「ほんまか」

「ほんまや」

「しゃあないな」

「とりあえず、先発はこう」



「こりゃあかんな」

「あかんやろ」

「エスパニョールは布陣的にあかんやろ」

「なぜこの布陣が駄目なのか」

「それは一応、戦術問題ということで」

「解答は最後にありますので」

「よろしければご覧下さい」

「というわけで」

「前半は、予定通りに、エスパニョールが滅多打ちにされる」

「ところが、19分にコロのゴールでリードする」

「あら」

「まあ」

「サッカーは恐いな」

「ビクトル・バルデスは、相当怒っていたけどな」

「ハイボールに前に出ようとしたら、ルイス・ガルシアの肘打ちに邪魔されたからやな」

「ルール上、ファールやな」

「しかし笛は鳴らず」

「とりあえず肘を出すのも大切だということが証明される」

「この試合のメディーナ・カンタレッホは酷いジャッジであった」

「彼が国際審判だったのがようわからんな」

「審判としては、ペレス・ブルルの方が遥かにいいと思うんやけどな」

「それはさて置き」

「エスパニョールの1点リードで試合は進み」

「前半ロスタイム」

「ネネーが退場する」

「荒れた状態でハーフタイム」

「後半どうなるかと思っていると」

46分


「おやおや」

「エスパニョールはタムードを外して、アンヘルを入れて1-4-4-1」

「まともな形やな」

「バルサは3バック」

「それにしても、変な形やな」

「それだけを取り出すとこう」

46分


「この中盤から前はなんだ」

「メシが中に入ってシャビが前に出て、グジョンセンは右や左に動いてポジションがようわからん」

「後半開始から8分後にエトーが入ってこう」

53分


「4トップか」

「数で言えば、1-2-3-1-4やな」

「そうやな」

「ここから、たまにアンリが右ウィングになったりする」

「この布陣は、負けてる状態で、相手が1人少なくてワントップなら、前の3バックより良い」

「1トップなら2人で対処できるし、どうせ押し込むからサイドは上げても走り負けなければ良い」

「しかし、グジョンセンは便利やな」

「遂に左サイドバックにも手を出したか」

「すぐにケイタと変わるけどな」

「しかし、バルサは、46分に変えたと思ったら、53分にまた変えて、配置をいじり過ぎやろ」

「4トップに変化するなら、前半の形からでええな」



「上から、サイドバックを一段上げて、グジョンセンを一つ上げれば、下の4トップとほぼ同じ布陣になる」



「なんで3バックを挟んだかというと」

「おそらく下の形を警戒している」



「エスパニョールの1-4-3-2か」

「ただ、こうなる可能性は、ほとんどない」

「1点リードした10人のチームが前に2人残すとも思えんな」

「まあ、それを言うと、試合開始から1-4-3-1-2にするのも意外すぎる布陣だから、それが気になったのかもしれん」

「しかし、これまでのところ、グアルディオラは、わりと動きたがりやな」

「アイディアがあると、それを実行せずにはおれない気配がする」

「それはいいとしても、この試合では、チームがバタバタになってしまった感は否めない」

「それでも、アンリのゴールで追いつき、最後は微妙なPKを吹いてもらってバルサの勝利」

「めでたしめでたし」

「違うやろ」

「エスパニョールとしてはたまったもんじゃないな」

「特に、ハルケ、パレッハのセンターバックコンビは、前半は戦術ミスから、後半は1人足りないことからボコボコにされてながら、本当に良いプレーを見せてたから、気分的には同点で終わって欲しかったところやな」

「やっぱり、ペレス・ブルルを国際審判にするべきやな」

「だからそれは話が別だと」

「そういえばや」

「なんや」

「以前に質問で、ピケは右側にボールを蹴る癖があるのか?というのを頂いていたわけだが」

「ふむ」

「その可能性はある、というのを以下に述べて終わろうかと」

「ほほう」

「まず、ピケは、キックの後、バランスを崩す場面が多い」



「この写真はなんだ」

「ピケが蹴った後の体勢で、後ろや横に重心が傾いたり流れたりしている」

「ふむ」

「特に、右足にボールを持ち、正面に向いた状態から、左にパスコースを変化させた場合にバランスを崩すことが多い」

「それが右の写真か」

「そうやな」

「そうか」

「例えば、マルケスだとそのようなことはない」



「これは、二つとも正面より左にボールを出した後かね」

「見ての通り、片足できちんとバランスを保っている」

「この後の写真はないのか」

「なんでや」

「ピケの写真は、マルケスと比べて、時間的にもっと後の写真やろ」

「そうやけど、画面のスイッチの関係でないんや」

「残念やな」

「カメラの角度がなるべく一緒の絵も探したんだが、見つからへんかったんやな」

「結論として、ピケは正面を向いて、体の左側にパスを出す場合に、バランスを保ちづらい、ということか」

「これがゆえに、左右を比較して、右にパスを出す方が楽なのではないか、というのが一応の仮説だ」

「さよか」

「左様だ」

「あくまでも仮説か」

「仮説だ」

「そんなこんなで」

「また次回まで」

「ご機嫌よう」

「の前に、戦術問題の解答や」

「そうやったな」

こちらからというとろころで」

「また次回」

「ご機嫌よう」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター