週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388]
「さて」

「バルサ対ベティスであるが」

「またバルサかね」

「毎週やっているような気がするが、とりあえず、これまでバルサ対策を2枚の絵にまとめておこうと思ってな」

「さよか」

「それに今回は、個人技術がメインといえばメインだ」

「先発はこう」



「この形で戦うなら、バルサがボールを持った時は下のように組むと良い」



「意味は後で考えるとして」

「自分達がボールを持った時は、こう組む」



「以上の二つが、一番わかりやすくバルサを困らせることができる」

「まず、バルサがボールを持った時の意味は下のようになる」



「一人のフォワードがマルケス前に立ってパスレシーブを妨害し、ボールを持たれた場合は前へのパスコースを切る」

「もう一人は、トゥレ、もしくはブスケツをマークする」

「こうすることによって、アビダル、カセレスにボールを持たせる」

「カセレスはプジョルでもよい」

「ここから縦、イニエスタに入るボールに対しては、サイドバックが背中から貼り付き削る」

「逆に、下のようになってはいけない」



「アビダル、トゥレにプレッシャーをかけた時、もしマルケスへのパスが出る状況であれば、カセレスに詰めない方がいい」

「わざとカセレスにパスを出させ、マルケスへのパスをコースを切りながら下がった方がよい」

「2点取られるまでのベティスは、マルケスをフリーにしすぎだった」

「何を考えてたんやろな」

「わからん」

「次に、ボールを奪った後は、下のように組む」



「後ろでボールを回す間に、前線に4人貼り付けるわけやな」

「そして、赤いゾーンへ、斜めに長いボールを入れていく」

「そこを第一の狙いにしながら、変化をつけていくわけやな」

「ちなみに、下のようになってはいけない」



「中盤に引いてきて、パスコースを多くつくる」

「普通の行動だが、今のバルサを相手にする場合は、飛ばした方が確実によい」

「後半のベティスを見ると、その意味がよくわかる」

「バルサが右サイドバックを上げ、マルケスを右に使う場合は、相手が下の二枚の絵のようになっているかどうか、というのにまず注目するとよい」





「これが大枠やな」

「そこから選手配置などを詰めていけばよい」

「一方のバルサはどうするかというと」

「右を上げないか、そこへのカバーを厚くする他ない」

「その点については、こちらというところで」

「お待ちかねの個人技編に移ろうかと」

「いや、お待ちかねではないと思うが」

こちらから」

「どうぞ」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター