週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385]
「なんと」

「バルサが6得点」

「一週間前は、ゴール欠乏症で有名やったのにな」

「面白い話やな」

「先発はこう」



「いつもの1-4-3-3やな」

「チャンピオンズリーグとは、メンバーもシステムもがらりと違う」

「前半、バルサは試合を支配する」

「ボールも良く回り、2得点」

「一方的であったわけだが」

「後半から、様相が一変する」

「後半開始のメンバーはこうやな」



「エトーが右でメシが中央になっているが、この試合では、その配置が一番多い」

「ヒホンは、マタブエナにかわりミチェル」

「それでよくなったわけだが」

「前半とどこが違ったのか、そこが気になる」

「そこで、56分までにヒホンが攻撃で良い形になった場面の発端を調べてみる」

「まず、右後方から、中央、もしくは、左サイドへのロングパスが3回」







「ヒホンは左に攻めている」

「次に、中盤でのハイボールの競り合いから左サイドを攻めたものが2つ」





「最後に、中央からのパスをワンタッチで左サイドに流し、そのままドリブルで突破したものが1つ」



「ロングボール、浮き球、競り合い、左サイド、といったあたりがキーワードやな」

「下の感じか」



「要するに、バルサ相手にごにょごにょつなぐ必要はなくて、放り込みに適した形を作って、さっさと長く蹴れ、ということやな」

「そして、左サイド、つまり、バルサの右サイドからのクロスで逆サイドを狙うと」

「その点は、第1節のヌマンシアが示した通りやな」
http://c60.blog.shinobi.jp/Entry/378/
「そんなこんなで、調子のよかったスポルティングではあるが」

「49分に、コーナーキックからホルヘのオウンゴールで失点、0-3」

「それでも勢いは衰えず、50分にロングパス一本からマルドナドが決めて1-3」

「さらにスポルティングの良い時間が続くものの」

「56分に事件が起きる」

「キーパーのセルヒオ・サンチェスがフリーでキック」



「直接メシに渡る」



「ドリブルで抜けるメシを後ろから倒し」



「ディフェンスは退場」

「この時のメシの行動は面白い」

「転がった後、顔を上げ」





「ここでちらりと審判を見る」



「カードを出しそうな気配を感じると」



「そのまま転がり、痛そうな姿勢を取る」



「これは昔にもあったな」

「チャンピオンズリーグのチェルシー戦で、デル・オルノを退場させる時も同じように審判をちらっと見ていた」

「世に有名な、バルセロナ・シアター事件やな」

「そんなこんなで、あえなくヒホンのフィーバータイムは終了する」

「バルサが大勝利を収めた影で、45分から56分までの11分間、非常に不安定な時間が存在したことは非常に興味深い」

「しかし、ここ数年のバルサは、いつも同じ手でやられる」

「どうにかならんものかと思うのが人情であるな」

「昔は、エジミウソンがラインの前に入り高さを加え、右をベレティからオレゲルに代えることで空きにくくした」

「守備面から穴をふさぐには、その系統の交代が有効だが、今のチーム構成で同じことをするのは難しい」

「後はカウンターの問題かね」

「それについては、こちらで」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター