週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [400] [399] [398] [397]
今、画面右からクロスが入る





上のヘディングの瞬間において、キーパーの片足は空中に浮いた状態にある。
これは、まだ移動中であることを示している





上の図において、ボールはキーパーの右を通過している。
つまり、キーパーは動きすぎてボールを追い越している。



シュートの瞬間、キーパーは両足を地面につけ、インパクトにタイミングを合わせて重心を下げなければならない。



上の写真のカシージャスは、正確に準備している。



上図のキーパーが準備動作をとれなかったのは、ニアに空いたスペースを無理にふさごうとしたためである。
そのため、インパクトの瞬間も動き続けていた。

たとえ、ポジショニングがずれていたとしても、キーパーは、シュートの瞬間において静止した方がよい。

そこから、自分の止められる範囲のシュートを止めればよい。
その方が、最終的にシュート阻止率は高くなる。

ポジションがずれていると、空いている場所に打たれたら決められる。
しかし、相手が常に完璧なシュートを打つわけではなく、体が流れている状態で止めることのできる範囲は非常に狭いことを心にとめるべきである。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター