週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[418] [417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408]
以下において、これまで一般的に”正しい”とされてきたインサイドキックの蹴り方が、技術的に誤りであることを示す。

技術的に誤りであるのみならず、それを教えることは、ただひたすら害であり、一部の利もない。

ここで否定するのは、ゴルフのパターのように蹴る、と表現されるタイプである。
これは、ボールを蹴る前、非常に早い段階で、つま先を横に開き、かかと押し出して足の内側を前にむけ、それを平行移動させるように蹴る。

例えば、以下のような形である。

フリーキックが行われる。ボールは画面右、中央やや下側にある。



踏み込む。




蹴り足のかかとを前に捻り始める。



蹴り足の膝を外に開き、かかとを押し出すことで、ボールとの接触面を完成させる。



前に押し出す際、かかとをなるべくつま先と平行に保つ。




蹴った後、膝は閉じ、かかとが下がる。
これは、インパクトの状態で、膝とかかとが限界近くまで捻られているためである。




15mほど前の味方にパスが出る。



以上のような形のインサイドキックは、技術的に間違っている。
しかし、この選手は、頻繁にそのように蹴る。






高い位置で面をつくり、それをスライドさせるように動かす。







蹴り足が接地したとき、後方やや右側にバランスが崩れている。

下は、同じ選手の小さなステップからのインサイドキックである。
膝を外に開き、かかとを前にだすことにより、早い段階で面を作り、それをなるべく平行に動かす。








以上の例から、この選手は、このような蹴り方を”正しい”と認識していることがうかがえる。

また、上の蹴り方は、同じチームの他の選手にも見られる。

次のページでは、それを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター