週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523]
楔形は、弓型に比べ、キックにおける手の動きや、踏み込み動作がより小さい。
これは、以下の長所を生む。

歩行からの接続が自然である
小さな動きで打つことができる
小さなスペースから打つことができる
シュートにタイミングを合わせづらい

また、より上から踏み込むことは、軸足が地表面の影響を受けにくい特性を生む。
以下にその実例を見る。


・楔型を用いた滑りやすいピッチでのシュート
(ペレ、映像出展:Best of Pele

下図の白い丸の中心にボールがある。
その下のピッチの変化に注目していただきたい。





軸足の周囲に白いものが広がる。これは、水が跳ねる様を示している。
つまり、ピッチは冠水している。

-シュート地点



-モーション
























以上は、上体をボールにかぶせるように踏み込み、インパクトの後、上に伸び上がる楔型の特徴を示している。
水の浮いたピッチにおいて、楔形によりシュートを打つ実例である。
もし、このような表面で、下のように踏み込んだ場合、軸足が滑る可能性が高い。





以上が、楔型インステップの特性を次のように規定する理由である。

歩行からの接続が自然である
小さな動きで打つことができる
小さなスペースから打つことができる
シュートにタイミングを合わせづらい
地表面の影響を受けにくい

一方、楔型でフェイントを使った、例えばステップサイドがどの程度可能であるか、といった点については不明である。

次回は、インステップと回転しないボールの関係について見る。
いわゆる無回転キックは、楔型の方が蹴りやすい。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター