週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[528] [527] [526] [525] [524] [523] [522] [521] [520] [519] [518]
楔型


弓型


楔型インステップキックによるロングキックについて、アベル・バルボ、エウゼビオ・ダ・シウバを例として見る。
この2人を取り上げる理由は後に述べる。


・楔型を用いたロングシュート
(アベル・バルボ、画像出典:Abel Balbo goal

-シュート地点



-モーション

ボールを追う、赤い選手がバルボである。



































以上のキックが、楔型であるか否かを見るため、弓型を用いたクリスティアーノ・ロナウドのものと比較する。

軸足の踏み込み




蹴り足踵の最高点



フォロースルー





以下、両者の差を見る。

踏み込み時の姿勢


クリスティアーノ・ロナウドは大きく後方にそっている。
バルボにそのような動きは見られない。



右のクリスティアーノ・ロナウドは軸足から肩にかけて全体に斜めになっている。
これに対し、左のバルボは上半身は鉛直方向に伸びている。

フォロースルー





右のクリスティアーノ・ロナウドは、体が横に流れている。
左のバルボは、体が縦に閉じている。

以上は、バルボのキックが楔型であることを示している。
楔型のインステップキックでも、十分遠距離からシュートを決めることができる。

次に、別の選手の楔型によるロングシュートを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター