週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[526] [525] [524] [523] [522] [521] [520] [519] [518] [517] [516]
以前、インステップに少なくとも2つの型があることを見た。

一般的なインステップ


クリスティアーノ・ロナウドのインステップ


前者は、弓なりにそり、それを前方へ動かす。
後者は、重心が上下へ楔状に動く。
この特徴から、それぞれを、弓型のインステップ、楔型のインステップと名づける。

弓型のインステップ


楔型のインステップ


ここでは、2つの型による、より遠距離からのシュートを見る。

・弓型を用いたロングシュート
(クリスティアーノ・ロナウド、2009年9月30日、チャンピオンズリーグ、マルセイユ戦)

-シュート地点



-モーション

腕を開く





右足着地、軸足(左足)の踏み込み開始










軸足着地










これは、一般的に見られるインステップのモーションである。

その点を明確にするため、前回のモイセス・ウルタドと比較する。

-比較









インパクトまでの動きは酷似しており、これは、クリスティアーノ・ロナウドのキックが、弓型のインステップであることを示している。

このキックを正面から見る。














手のモーションが大きく、振り上げた蹴り足が、軸足の外側から外側へ、弧を描くように動いている。

次に、別の選手の弓型インステップを使ったロングシュートを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター