週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
前回は、ボールが地面、足の裏、地面と衝突してコントロールされる例を見た。

ここでも同様の例を見る。






























地面、足の裏、地面と衝突したボールが以下の位置に来ている。



体のほぼ真下にあり、きちんとコントロールされた状態にある。

ここで重要な点は、ボールが次のプレーに移行可能な位置にあることに加えて、選手の体勢がそれにふさわしい状態になっていることである。

以前にも見たように、コントロールという技術は、ボールを適切な場所におくだけでは不十分である。
それと同時に、選手の体勢が次のプレーに切れ目なく移行可能な状態にコントロールされる必要がある。
二つが同時に達成されてこそ正しい技術であり、片方だけ考えるものは無意味である。



この体勢は、いわゆるニュートラルと呼ばれるものに近い。
中心線の傾きがほとんどなく、両足がほぼ同じ状態になっている。
このことは、いくつかの利点を持つ。

まず、前後左右、どの方向に動くことも可能である。
このため、守備者は次のプレーの予測ができなくなり、相手の動きに一瞬の空白が生じる。

同時に、どの方向に動くことが可能であるため、もし守備者が決め打ちで飛び込んできても、その裏を取ることができる。

コントロールの一つの目的は、次の行動に適した体勢をつくることであり、ニュートラルな体勢はその中の一つであるといえる。

次回は、ニュートラルな状態とその後の変化について見る。
前回は、ボールが地面、足、地面と衝突してコントロールされる例を見た。

ここでは、足の裏を用いた同様の例を見る。



















足の部分の拡大図は以下のようである。








ボールは、地面、足、地面の順で衝突している。


一般的に、物はなにかに衝突するごとに勢いを失う。
このため、衝突を何回も繰り返せばいずれ止まる。

例えば、ボールが地面に当たることにより1/3しか跳ね返らないとする。
これは、地面と二回衝突が起これば、理想的には1/9の高さになることを意味する。

足とボールの衝突では、より小さくしか跳ね返らないと考えられる。
なぜならば、このような衝突では、靴底が上に反る効果などが存在するため、地面との衝突より緩衝作用が大きいと考えられるためである。


仮に足との衝突で1/5になるとすれば、3回の衝突で1/45になる。

1/45になれば、ほとんどのボールは高さ的にコントロールされたとみなしうる。

これに加え、ボールに対して上から下に向かって触れることは、自分方向への回転を生みやすい。


これがコントロールにおいて有利であることは以前に見た通りである。

このように、完全に挟むことなく3回の衝突でコントロール可能であるとの認識を持つことは非常に重要である。

次も同様の例を見る。
前回は足と地面の間にボール挟んだと考えられるコントロールを見た。

ここでは同様ながらやや違う例を見る。

具体的には以下のようになる。

















一見するとアウトサイドで地面に挟み込んだようにも見える。
しかし、実際には異なる。

ボールが地面と接触したのは次の図である。



足とボールが接触するのは次の図である。



静止画ではわかりにくいが、冒頭に見た写真を連続的に表示することによりはっきりと見ることができる。

ボールが小さく跳ねたところで接触しており、ボールの衝突は、地面、足、地面の順に起きている。

このようなコントロールは、足の裏を用いても可能である。

次回はそれを見る
前回までは、空中にあるボールを直接コントロールする例を見た。

ここでは、インサイドと地面にボールを挟むようにコントロールする例を見る。

今、画面左下の選手からパスが出る。







コントロール過程は以下のようになる。




























以上からわかるように、上から来たボールが右足のインサイドの前を通過している。




つまり、空中で足とボールは接触していない。
その後、ボールが跳ねる。





最大で上の図までしか跳ねていない。
これは、ボールが一度地面と足の間に挟まったためだと考えられる。



これに似たコントロールは、アウトサイドでも行うことができる。
次にそれを見る
ここまで見たように、コントロールとは非常に受動性の高い技術である。

それは、ボールが空中にあっても地面近くにあっても変わらない。

足でボールを正確にコントロールするには、末端の部分の変形が重要である。

変形の種類には、以下のようなものがある。


爪先部分の変形





足首の伸展




また、足首から先の左右への変形も重要だと考えられる。


外側への変形





内側への変形





これらの変形に加えて、膝から下などのより大きな部分がボールに押される、もしくは弾かれるように後退する作用も重要になる。










これらが機能するには、関係する筋肉を緊張から開放することが重要であると考えられる。

一方で、足を引くなどの操作は上で見た変形や動きを邪魔する可能性が高い。

例えば、膝から下を引こうと思えばそれに関わる部分に力を入れざるをえない。
力を入れることは筋肉の緊張を生む。
筋肉が緊張すれば、上記の効果を十分に利用することはできない。

つまり、操作と脱力は矛盾する。

このことは育成において重要であると考えられる。
最初に、引いて止めることを選手に教えると、受動的なコントロールが下手になる、もしくは、それを習得する場合に悪い癖が残る可能性が高い。

同様のことは、地面に近いボールのコントロールにおいても見られた。

次は、ロングボールを地面に挟むようにコントロールする例を見る。


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター