週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[645] [644] [643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635]
コントロールにおいて、体を浮かせながらボールに触ることは本質的に重要である。

浮かせるとはどうのような動作かをはっきりさせるため、体を浮かせないコントロールとの比較を行う。

最初に、体を浮かせないコントロールを見る。











これは、浮かせない例である。
ボールの接触前後において、ボールに触れない方の足が、地面にべったりとついた状態で行われている。







体を浮かせた状態でのコントロールとは、次のようなものである。










地面につけていた足を浮かせながらボールに触る様子がわかる。





この浮く動きは、これまでに見た他のコントロールにも見られる。











これも、かかとを浮かせながらボールに触れている。












軽く浮いた状態でボールに触れる様子がはっきりとわかる。











このプレーは、明快に浮いた状態でボールに触れている









相手を抑えながら浮いた状態でコントロールしている。











ここでは、上に踏み切る様子がわかる。















かかとを浮かせる様子がわかる。


















(画像元 Zinedine Zidane - Trick and Skills with Zizou ball Control (0:44))

コントロール前に踏み切り、体を浮かせている。

以上のように、コントロールにおては、ボールの高さによらず体を浮かせる動作が見られる。

浮く動作は、高いボールに対しては見られるが、地面にあるボールに対しては見られない、といったものではない。
コントロール一般に見られる動きである。

この浮く動作は、いくつかの効果をもたらす。

次に、浮くことが緊張の緩和を生むことを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター