週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633]
前回は、やや浮いて横から来るボールのコントロール法を見た。

引き続き縦の動きでボールをコントロールする例を見る。







































このコントロールにおける特徴を見るために、膝から下の動きを追いかける。
そのために以下の映像を用いる。






それぞれの映像を重ね合わせるためには基準が必要となる。
このために、センターサークルを用いる。
プレー自体は最初に見たものと同じである。

膝から下の動きは以下のようになる。






重ね合わせると以下のようになる。



線を拡大する。



黄色が前段階、赤が接触直前、濃い青が接触直後、水色が接地に向けた動きである。

接触に向けて膝を立て、垂直に近い状態でボールと接触し、接触した勢いで足が後退、そのまま足を引いて接地に向かっている。

同時に、一度上げた膝が下がる様子も見える。
これは、縦の動きでボールに触れたことを意味する。

また、全体としてボールと同じ方向に動いている。
黄色と赤の部分の変化は、体全体を旋回させることにともなう移動であり、引いてボールを止めるためではない。
この動きは、地面に近いボールで見た重心の移動による相対速度の減少と同じ意味を持つ。
赤から濃い青への変化は、これにボールとの衝突で弾かれる効果が加わっている。

以上の動きで、ボールは完全にコントロールされる。



ボールは次の操作が可能な位置にあり、体勢はまったく乱れていない。

これにより、次の動作への切れ目ない移行が可能になる。







これがコントロールであり、ボールは止まるが姿勢を乱すようなものは技術と呼ぶに値しない。

次に、これと比較するため、横の動きによるコントロールを見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター