週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633] [632]
前回は、やや浮いて横からくるボールを逆回転を使ってコントロールする例を見た。

ここでは、それと異なる動作を見る。

画像元:A good goal is... from a good trap (football goals compilation) part 1 - christinayan

プレーの全体像は以下のようである。
左サイドから中央にボールが入り、それをシュートする。




















拡大図は以下のようである。





























足との接触後、ボールの模様がはっきりと見える。



このことは、ボールにほとんど回転がかかっていないことを示している。
つまり、前回に見た逆回転はほとんど用いられていない。

このコントロールの主要な動作は、上から下にボールを叩くことである。





この縦の動作に、横方向の受動的な接触を加えることでコントロールがなされている。





前に見た例ほど明快ではないが、足先が外へ旋回する動きが見られる。

このように上から下に叩くと、ボールは地面に跳ねたあと浮く。





一般にコントロール後、ボールが浮くことは良くないとされる。
しかし、下の二つは明快に区別して考える必要がある。




最初のものは、横から来たボールが直接浮くものであり、意図した場合以外はほぼ例外なく悪いトラップになる。

二番目のものは、一度地面に当てて浮かせるものである。
この場合、ボールと地面との衝突による緩衝が存在するため、大きく浮きにくい。
これは、ボールを下に抑える力加減にブレが生じたとしても、地面との緩衝が保険の役割を果たすことを意味する。
例えば、1跳ねるところが0.6しか跳ねず、2跳ねるところが1.2しか跳ねないならば、力加減を間違えたとしてもボールが操作可能な範囲に留まる可能性は高い。

浮くということに関して、この二つを混同してはならない。

また、これまでコントロールの要諦はボールとの接触後に姿勢を乱さぬことであることを見た。





着地にかけて姿勢に乱れがなく、スムーズに次の動作へと移行している。
これは、縦の動きを用いると体勢を崩しにくいことの実例になっている。

コントロール 浮かせまいとする場合、引くこと」で見たように、横の動きを用いると体勢を崩しやすい。

次回は、縦の動きと横の動きによるコントロールの差異を見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター