週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[641] [640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633] [632] [631]
前回は、やや浮いたボールを受動的に後退する面に当てることでコントロールする例を見た。

ここでは、別の動き扱う例を見る。





ここで一度地面に接触する。






ボールとの接触。





































静止画では見にくいが、ボールと接触後いわゆる逆回転がかかっている。
上の図を保存した後、連続的に表示すると回転を見ることができる。

ボールの軌跡は以下の青い矢印のように表される。



通常は赤い矢印の方向に転がるはずであり、そうならないのは回転の効果である。

このような形で、やや浮いて横からくるボールを逆回転を使ってコントロールすることができる。

次に、これとも異なる動作を見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター