週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[646] [645] [644] [643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636]
前回は、コントロールにおいて体を浮かせる動作が多く使われることを見た。

浮くことは、いくつかの効果をもたらす。

ここでは、緊張の緩和を生むことについて見る。

コントロールにおいて、接触面が受動的に変形することは極めて重要であった。







足先が外にねじれる動きが見られる。
この動きは強い緩衝作用を持っている。

類似した動きは他のコントロールでも見られた。









(画像元 Zinedine ZIDANE trapping compilation - christinayan(1:30~))









様々な状況で、縦方向、横方向への接触部分の変形が見られる。

このような変形がおこるためには、接触部分周囲の筋肉に緊張が存在しない方がよい。

浮く動作は、その目的に適している。
一般に人間は緊張をほぐす時に軽く跳ねる。
これは浮いて落ちることが筋肉の緊張を緩和するためであると考えられる。

浮くことにより緊張が緩和され、接触部分が開放された状態になる。
そこにボールが当たることにより受動的な変形がよく引き起こされる。
これは、ボールコントロールに大きく寄与する。

次に、浮くことにより体全体の移動が可能になる点を見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター