週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296]
2008年5月7日 第36節 レクレアティーボ・デ・ウエルバ 0-2 ビジャレアル

該当試合において、次のような両チームが対戦した。



前半は、レクレアティーボが優勢だった。
それは、以下の理由による。

今期のビジャレアルは、中盤でパスを丁寧につなぐことを基本として設計されている。
右サイドでの様子を模式的に表すと、次のようになる。



しかし、この試合では、相手中盤の守備が非常に強固であった。
出足良くボールに詰められ、周囲のスペースを消されるため、パスが切断された。
模式的には、次のようになる。



また、中盤でボールを奪われた後、カウンターで度々ピンチを迎えた。
特に、ディフェンスラインの裏を狙うシナマ・ポンゴールに対する素早いフィードに苦しんだ。



特に、26分のシュートがポストを叩いたプレーが典型であった。
前半の決定的なチャンスは、レクレアティーボの4回に対して、ビジャレアルは0回、エリア内へのセンタリングも13本に対して5本、シュートは9本対2本と圧倒された。

問1:
後半におけるビジャレアルの変更を予想せよ。ただし選手交代は行わないものとする。
また、状況として、双方ともに勝ち点3が必要だった。

問1解答

前問

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター