週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291]
2008年5月4日 第35節 ビジャレアル 2-0 ヘタフェ

該当試合において、次のような両チームが対戦した。



下図のように、ヘタッフェのデ・ラ・レーのパスさばきが非常によく、前半はヘタッフェのペースだった。
これは、エリア内へのセンタリングの数において、4対14とヘタッフェが大きく上回ったことでうかがうことができる。
ビジャレアルは、非常に苦しい時間が続いたが、カウンターが良く機能し、2-0とリードしてハーフタイムを迎えた。
この状況において、ビジャレアルの監督の立場から以下の問いに答えよ。



問1:
後半に向けての変更を考えよ。ただし選手の交代は行わないものとする。

問1解答

Rg
無題
面白い企画ですね、是非続けてほしいです
y2008/05/06 18:38z NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター