週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295]
問1:
ビジャレアルは、レクレアティーボが行う中盤のプレスからのカウンターに苦しんだ。
後半におけるビジャレアルの変更を予想せよ。ただし選手交代は行わないものとする。


解答
マヌエル・ペレグリーニの出した指示は、前線へのロングボールを多用するというものだった。



しかし、これにはいくつかの問題がある。
まず、ビジャレアルのフォワードの2人、トマソンとニハットはロングボールを受けるのに適切だとはいえない。
トマソンは、身長のわりに競り合いに弱い。ニハットは、身長が低いためハイボールに強いとは言えず、裏へ抜けるスピードも以前ほどではない。



また、ベンチには、攻撃の控えとして、カソルラ、ピレス、ロッシ、ギジェが入っていた。



キープ力に長け、スペースにパスを出すことのできるピレスを入れることで、中盤でのパスワークを強化することも可能だった。

問2:
ビジャレアルにとって得意な攻撃ではないにもかかわらず、上記のような対策を選んだ理由を述べよ。

問2解答

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター