週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[695] [694] [693] [692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685]
前回は、接触前に顔を上げることを基本とすべきことを見た。

一方で、実際のプレーでは、上げるものと下げるものが混在している。











下がっているものについて詳しく見る。








接触












接触






接触











最初の下がる例では、切り返しの角度が大きい






また、その途中で足元の芝に裂け目ができている。

このような状況で顔を上げる余裕を持つことは困難であると考えられる。

次の例では、素早く2回の接触が行われている。



接触



接触


このように素早く連続的な接触が行われる場合、顔を上げる時間的な余裕はないと考えられる。

最後の例では、接触後、相手が出す足を越えなければならない。


接触





相手の足の動きを知るためには、下を向かざるを得ないと考えられる。

下を向く理由がある場合に下を向いており、そうでない場合は顔を上げているといえる。

プレー全体の流れは以下のようであった。




接触






接触





接触



接触








接触







接触








シュート





この選手は、接触の前段階で顔を上げることを基本とし、それが不可能な時に下を見ているものと推測される。

次回は、ルックアップの持つ効果について見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター