週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684] [683] [682]
前回は、フリーでドリブルする際、接触の前段階で顔を上げることを見た。

ここでは、相手から追われる場合を見る。







接触














接触







接触前



接触前に後ろを振り返っているのがわかる。

これは追ってくる選手を確認するためであると考えられる。

ここでも、接触前に顔を上げることがわかる。

次に守備者と近い状況でのドリブルとルックアップについて見る。










接触

















接触

























接触










接触















接触

























接触前を集める。







基本的に、顔が上がっていることがわかる。

しかし、それぞれどの程度上がっているかについては差がある。

この中で、最も下を向いているのは中央のものであろう。



これは、切り返しの角度が大きく、余裕がなかったためだと考えられる。







相手が近い場合のドリブルでは、状況により接触前の顔の角度が異なることがある。

それは、次の例においてよりはっきり見られる。








接触
















接触












接触






接触




















接触























接触


























シュート









接触前を集めると以下のようである。








顔が上がっているものと下がっているものを分ける。

上がっている





下がっている





接触前に、顔を上げるものもあれば下げるものもある。

次に、どちらを基本とすべきかを見る


Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター