週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[693] [692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684] [683]
以前、次の2つのプレーを見た。
































1つは接触前に顔を上げ、他方は下げている。




2つを比較すると、顔を下げる方がより強く体が曲がっている。

足元のボールを見るためには、体を強く湾曲させざるをえない。

これは、ドリブルでもコントロールでも同じである。

コントロール






足元のボールを見る




ドリブルもコントロールも、足元を見ることにより、体全体を曲げた窮屈な体勢になる。

次も同様である。




























































































接触において、足元のボールを見ている。




それにより窮屈、もしくは不自然な体勢になっている。
ボールを見ないで良いならば、より無理のない形を保つことができる。

これまでに見た、接触前に足元のボールを見ないプレーは以下のようである。






足元のボールを見るプレーは以下のようである。






この2つを比較する。






左の足元を見ないものは、歪みが小さく、姿勢に無理が少ない。

これに対して、右の足元を見るものの方は、歪みが大きく、姿勢に無理がある。

無理な姿勢をとることは、次の行動への速やかな移行を阻害する。

以前見たように、ある動作後の乱れは少ない方が良く、乱れによる次の行動の制限は小さいほど良い。

接触前に足元を見ないことを基本とすべきことがわかる。

一般に、ボールと体との距離が近ければ近いほど、大きく体を歪めなければボールを見ることができない。





最後の図の状態であれば、ほとんど顔を下げずにボールの位置を把握することが可能である。

水平からの下への角度が大きいほどボールを見るコストが高く、小さいほど低い。



一方で、ボールとの距離が離れるほど、相手に奪われる危険性が高くなる。

ルックアップに関するボールとの最適な距離は、下を見るコストと失う危険性の兼ね合いで決まると考えられる。

次回は、接触前に顔を上げるべき別の理由を見る。



Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター