週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[690] [689] [688] [687] [686] [685] [684] [683] [682] [681] [680]
ここまで、主に他の選手がボールと接触する時のルックアップを見た。

ここでは、自分がボールと接触する場合について見る。

最初にコントロールについて見る。











接触
















接触前から接触にかけて顔は下を向いている。



接触


別の例を見る。











接触





















接触前から接触にかけて、顔が前を向く。



接触


接触前を比較する




この2つを比べた場合、ルックアップとして後者の方が優れている。

このように、接触の前の段階で顔が上がることは、正しいコントロールの項でも見た。

同様の例は他にもある。
























接触































接触


ここでも接触前の段階ですでに顔が上がっている。



以下、顔を上げた状態でボールと接触する例を続けて見る。










接触








接触前














接触








接触前








接触










接触前
















接触







接触前



接触前の段階を抜き出す。

接触前








最初のもの以外は、接触の前の段階ですでに顔が上がっている。

ルックアップとしては、2枚目以降のものが優れている。

これらの写真でいくつかのことがわかる。

1つは、接触前の段階でボールから目を離し、顔を上げるプレーが複数存在することである。

これは、その行動が偶然でなく、おそらく必然として存在していることを示している。

もう1つは、最終ラインの選手も顔を上げていることである。













以上の選手は、すべて最終ラインでプレーしている。

最終ラインでは、リスクを犯さないことが基本とされる。

少なくとも上で見る選手たちは、それぞれの状況で、顔を上げた状態でボールに触ることをリスクだとは思っていないと推測される。

最後に、浮いた球も顔を上げた状態で触ることである。









浮いたボールを顔を上げて触ることは困難なように思われるが、実際に行われている。

次はドリブルについて見る

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター