週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[694] [693] [692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684]
前回に続き、接触の前の段階で顔を上げるべき理由を見る。

以前に、次のプレーを見た。















接触と同時に顔を上げ前方を確認し、そのままパスを行っている。






一方で、次のプレーがある。






















接触前から接触まで




前方を確認



動き直してパス






ボールを見ながら止める選手は、止めてその後に周囲の確認を行う。




トラップ、ルックアップが完全に分離している。

しかし、コントロールとルックアップを同時に行うことは可能である。



ボールを見てトラップ、顔を上げてルックアップ、踏み込んでキック。

この流れでプレーを行う選手は、ボールとの接触と同時に顔を上げてルックアップを行い、そのままボールを蹴る選手よりも必ずプレーが遅くなる。

このプレースピードの差は、特に密集地帯、プレスの激しい状況、攻撃の最終局面で決定的な差となる。

当然ながら、遅いよりも速い方がよく、接触にかけて顔を上げることを基本とすべきことがわかる。

これは、ドリブルにおいても同じである。






















触る直前に目を上げて確認し、そのまま蹴っている。






もし、ボールを見ながら触って、顔を上げて確認して、ボールを蹴る、という動作であれば、これよりも必ず遅くなる。

次への移行を早くするためにも、接触前に顔を上げることを基本とすべきことがわかる。

次に、上げると時と下げる時の差を見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター