週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[687] [686] [685] [684] [683] [682] [681] [680] [679] [678] [677]
前回、以下の動きを見た。





ここではその続き、コントロール、もしくはトラップにおけるルックアップを見る。







ファーストタッチからキックまでの間に一度振り向いている。



同様の例を見る。








コントロールからキックの間に別の場所を見ている。



次も同様である。








一度違う場所を見ている。



以上のプレーでは、最初のタッチから次のタッチの間にボールと異なる場所を見ている。





他の選手がボールに触れる合間に周囲を見る。

同様の動きはドリブルにおいても見られる。













保持者がボールに接触した状態とルックアップした状態を抜き出す。

接触

ルックアップ

接触

ルックアップ

接触


接触時に保持者を見て、接触と接触の間で他の場所を見ている。

同様の例を見る。











接触でボールを見て、その合間に他の場所を見ている。





次も同様である。

画面左側から出てくる選手の顔の動きを見る。


















ドリブル途中での接触から、蹴るまでの間に別の場所を見ている。





やはり、接触と接触の合間にルックアップが行われている。

ここまでいくつかの場合を見た。

人から人へのパス





コントロールからパス





ドリブルからドリブル





ドリブルからパス





全ての場合において、接触の合間に周囲を見ている。

他の選手がボールを持っている場合、タッチとタッチの間にルックアップを行うべきであるといえる。

言葉を変えれば、接触が起こる場合にボールを見なければならない。

次に、パスが自分に向けて来る場合について見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター