週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[682] [681] [680] [679] [678] [677] [676] [675] [674] [673] [672]
これまでに見たイニエスタの価値を図で表すと以下のようである。



正対から守備者を引き付ける。
これにより、周囲にスペースをつくリ出す。

正対から正面の守備者を押し込む。
これにより、周囲の守備者も押し下げる。

正対から左右両側へのプレーを見せる。
これにより、一つ後ろのラインの守備者の動きを制限する。

正対から左右両側へのプレーを見せる。
これにより、守備者の視線を自分に引き付ける。

正対から状況を悪くせずに待つ。
これは、味方が適切なポジションを取るための時間をつくり出す。

正対することで、敵の動きを制限し、味方の動く空間と時間をつくり出す。

それにより、次の行動が容易になり、次々とプレーがつながる。

















































ボールを止めて、正面の守備者に向かう。









守備者を押しこみ、画面右の選手をフリーにする。







パスを戻した段階で、画面右端に味方が一人増えている。

正対から前へのプレーを見せ、適切な時間待ったことにより、味方が増えている。



フリーになった選手から、サイドの選手へパスが出てフィニッシュへとつながる。









この場合、正対から押さずにプレーを続けることもできる。




この状態から、ワンタッチで中央に戻すことができる。

そうすれば、下と似た状況はできあがる。



しかし、そうしてできたものは、正対から押してできた状況と似て非なるものである。

まず、周囲の守備者を押し込んでいないため、次にボールを受ける選手はより早い段階でプレッシャーを受ける。

次に、ボールが早く動くため、右外からフォローする選手はよりスピードを上げて走らならければならない。

そのため、より余裕のない状況で前線へと到達する。

パスを出す側、パスを受ける側双方に少しづつ余裕がなくなるため、その次のプレーで失敗する確率が高まる。

結果、正対から押すプレーに比べて、より悪いプレーが行われる。

スペインは、パスサッカーであると言われる。

今回のユーロなどでは、形容詞をつけて素晴らしいパスサッカーなどと言われる。

しかし、パスサッカーとは誤解を生みやすい表現である。

まず、非常に多い誤解は「パスサッカーなのだからなるべく早くパスを回すほうが優れている」というものである。

それが進むと「ワンタッチ、ツータッチでどんどん回すサッカーが素晴らしい。それこそがパスサッカーだ」というものになる。

イニエスタが示すところは、まったくの逆である。

上の例では、正対から一度押してボールを離している。











これにより、周囲の守備者の動きを制限し、味方のためのスペースをつくり出すと同時に、右外の選手が攻撃エリアに到達する時間を作り出している。

これまでに見たプレーもそうであった。





これらの形をつくる前に、正対が決定的な役割を果たしていた。

パスサッカー、本当の意味でパスがつながるサッカー、パスをつないだ後で本当に相手を崩すサッカーとは、正対から相手を押し込む能力によって支えられている。



イニエスタのプレーは、明快にそれを示している。

このことは、極めて重要である。

「ワンタッチ、ツータッチでどんどん回すサッカーが素晴らしい。それこそがパスサッカーだ」という勘違いをした人は世に多い。

監督、選手、ファン、すべての段階でそうである。

もしこのような価値観でサッカーを行う場合、正対をする選手が邪魔になる。

イニエスタは、パスが出せる状況でも、相手を押し込むという一手間をかけてパスを出す。

パスをどんどん回す、フリーの味方をどんどん使う、そのためにフォローを極限まで早くする。

そのような環境では、正対から押す前にボールを離すことを強要される。

それを無視して正対からプレーした場合、周囲との齟齬が生じる。

このため、周りに合わせるか、チームの方針から離れてプレーする以外になくなる。

チームの方針から離れた場合、当然ながら居場所を失う。

これは、非常に大きな問題である。








正対から押すことは、チーム全体としてよりよいプレーにつながる。

これは、今までに見た通りである。

勘違いしたパスサッカーを押し付ける場合、正しくプレーしようとする選手をチーム全体として潰してしまう。

もしくは、正しくプレーする機会を集団として奪い取ってしまう。

これが選手の成長に重大な悪影響を与えることは明白である。

それを避けるためにも、イニエスタのプレーが指し示すところを理解することは重要である。

次も、同様の点について見る。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター