週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[701] [700] [699] [698] [696] [695] [694] [693] [692] [691] [690]
前回は、ルックアップの改善が必要な例を見た。

ここでも同様の例を見る。

























































ボールに触れるまでの間、常にボール方向を見ている。

結果としてトラップをミスしている。







これは、ファーストタッチのミスのように見えるがそうではない。

ボールに触れる姿勢は次のようである。



左側に体を傾けている。

これは、後方へのコントロールを意図したためだと考えられる。

このようなプレーは、前からプレッシャーをかけてくる守備者からボールを守るために行われる。

しかし、この場面では、そのような行動を取る必要はない。

前方に位置する守備者は、途中で出足を止めている。



このような状況では、ボールを守るためにわざわざ後ろに動かす必要はない。

この選手は、守備者の影に怯えたと言える。

前からプレッシャーをかけてくるかもしれない。
かけられている状態で前を向けばボールを失う可能性が高い。
だから後ろに置いて守らなければならない。

仮定のプレッシャーに対してプレーしている。

ルックアップを正確に行うことにより、そのような影を払うことは可能である。

もし、自分にボールが来る途中で前を振り向くことができれば、次の状態の守備者が目に入る。



左足を前に出し、減速しようとしてることがわかる。

この情報をもとに行動を決定することで、プレーを改善することは可能であると考えられる。

同じ選手の次のようなプレーがある。
























ボールに触れる際、下を向いている。



以前に見たように、触れる前に顔を上げた方がよい。

その方が早く次のプレーに移ることができる。

上の例では、弾んだボールを扱っているが、そのような場合でも接触前に顔を上げることは可能である。






































前回と今回で見た選手は、ルックアップに改善の余地がある。

ルックアップも技術である以上、上手下手が存在する。

次はその点についてさらに見る



----参考 見た情報をもとに前方を向くプレー


















































次へ


Rg
無題
以前拝見させていただいていました。多忙のためにあまり訪問できていませんが、大変参考になります。観戦の仕方が変わりましたし、観察眼が付いた?と自覚するようになりました。
y2014/04/14 06:31z NAME[宮澤] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター