週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[706] [705] [704] [703] [702] [701] [700] [699] [698] [696] [695]
「さて」

「なんだかんだで大国バンザイ的な準決勝になった今日この頃」

「いつも通り遅れ気味にブラジルーコロンビアなどを」

「なんというか」

「こう」

「色々と荒れた試合だった」

「まずは荒れる予告編から」










「オスカル、ハメス・ロドリゲスを空中で吹っ飛ばすの巻」

「この流れだと、どう考えてもボールと相手の両方が目に入る」

「にも関わらず止まる気配もなく体当たり」

「これは予告編だけにまだまだかわいい」

「次は本編」














「フェルナンジーニョ、ハメス・ロドリゲスを刈り倒すの巻」

「これはねーよ、というファールではあるが」

「イエローなど出ない」

「接触の拡大図はこちら」



















「ありえんな」

「実に見事なレイトチャージ」

「わざわざ相手の方向に身体を移動させて当たりに行っている」

「繰り返すとこれでもイエローは出ない」

「ブラジルのホームだけに大目に見たものと思われる」

「これがきっかけとなり、試合は審判のコントロールから離れていく」

「以上2つのファールにお怒りになったハメスは次の行動に出る」








「空中にいる相手の腿をすくってひっくり返す」

「危ないな」

「普通ならイエローが出てもおかしくないが当然出ない」

「そりゃ、フェルナンジーニョを見逃してこれにイエロー出したら、あいつブラジルから金もうとんちゃうんかという話になる」

「そして次」








「ダビー・ルイス、イバルボにぶちかますの巻」

「この頃になるともう試合はイケイケで、イエロー出えへんしやっとかな損やで的な雰囲気を感じる」

「次はコロンビアの番」










「ネイマール、カルロス・サンチェスから逃れられないの巻」

「ボールをスルーして別方向に動いているのに守備は止まる気配がない」

「ブラジルが止まらない以上、コロンビアも行くしかない」

「うちらもブレーキこわれてまっせ」

「そんな殺伐とした雰囲気の中、やや毛並みの違うファールが」
















「最初、マルセロは芝がはげて転ぶ」

「その後は、赤い選手の動きから察するに、マルセロが手で相手の足を刈っている」

「これは、さすがにイエローを出さなあかんやろ」

「今日の俺達にそんなものは関係ないとばかりに試合は続く」













「ここまでくるともうあかんわ」

「これでもイエローは出ない」

「これ、フッキの足が浮いてる時に蹴ってるから怪我してないだけで無茶苦茶に危ない」

「足に体重がかかっている時に、膝に横から力を加えると簡単に壊れる」

「本当に弱い力でも、びっくりするくらい簡単に壊れる」

「もしフッキの左足に体重がかかっていたら、軽くて内側5週間、重くて内側前十字半月板で半年、最悪選手生命の危機」

「そこまでいくんか」

「多分いくで」

「とにかく危ないので」

「良い子のみんなは絶対に真似しないでね」

「でも、ワールドカップは別腹」



















「おい、フェルナンジーニョ、いい加減にしろ」

「やられたハメスならずともそう思う」









「だから危ないっちゅうねん」

「手をつきそこねると、手首から肩にかけて捻挫、脱臼、骨折なんでもいける」

「これもイエローなし」

「最初のフェルナンジーニョと次のハメスで出さなかった以上、それ以後もこの程度では出せない」

「もう戻れはしない片道切符」

「後半になっても話は続く」

「面倒なので、ブラジルファールをつらつらと」




















「後ろからハメスをいっちょあがり」

「次も後ろから」






「マルセロさんやな」

「次はフッキさん」









「どんどんいこう」










「バックチャージが大流行」

「流行には乗り遅れたらあかん」











「これは、時代遅れの前方からのファール」

「なんか、前からやってる分だけましに見えるのは気のせいか」

「どう見ても、ダビー・ルイスは意図に体当たりしてんねんけどな」

「これがやさしいファールに見えて来たらだいぶ末期やな」










「なんか普通ちゃう」

「相手の足の間に足を突っ込んでこかしても普通か」



「なんかもうようわからんわ」










「こんなんたいしたことないな」

「そんな気がするわ」

「以上、ずいぶんファールについてイケイケな試合であったことがわかる」

「で、以上のファールを見れば、今回のブラジルの設計が分かる」

「かもしれない」

「というわけで次につづく

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター