週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[356] [354] [353] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344]
「ロシアがオランダを破った」

「すごい試合だった」

「とにかくロシアの作戦面が凄くて、オランダは見事それに絡め取られた」

「ヒディングの罠に落ちたオランダ、という感じやったな」

「その辺を詳しく見ていこうかと」

「よかろう」

「なんでいつも偉そうなんや」

「癖かな」

「先発はこう」



「オランダは予想通りで、ロシアは変な形をしている」

「そこに重大な意味があるんやな」

「オランダは、イタリア戦で見たように、下のような構造をしている」



「エンヘラール、デヨングが中盤を支え、スナイデルとファン・デル・ファールトが長く展開する」

「ここで、サイドに注目する」

「攻撃面だけを見ると、左サイドが強く、右サイドの方が弱いことがわかる」

「ここに着目し、下のような配置を引く」



「その意味は、左に壁をつくり、オランダのボールを右に流させることにある」



「具体的には、左にボールがきたらサエンコが素早くジオに詰め、セマクがその裏をカバー」

「アニュコフは、スナイデルをマンツーでマークする」

「そうすると、下の四角の部分が空く」



「そこをわざと空けるわけやな」

「ジオがボールを持った場合の配置は、次のようになる」



「オランダにとって、この状態から左サイドを崩すのは難しい」

「よって、バックパスか横パスが入った後、右に流れる」

「右に流れた後、どのように対応するかというと、次のようになる」



「空いたスペースにはブラルーズが入ってくる」

「これに対し、17番のズリアノフは中へのパスを切り、18番のジルコフが上がって対処する」

「もし、ジルコフがカイトのマークなどで出ることができない場合は、ズリアノフがサイドに出る」

「次の写真に、その様子が見られる」



「黄色で23と書いてあるのがブラルーズやな」

「その前に18番のジルコフがいる」

「ロシアの中盤は、サイドに流れず、中央を固めているのがわかる」

「次の写真は、右センターバックのオーイエルがボールを持った場面で、周囲にロシアの選手はいない」



「そこから縦にロングボールが出た後の図が下」



「この場合、18番のジルコフが中に入った関係で、17番のズリアノフがサイドに出てブラルーズを追っている」

「オランダが、図のように、ジルコフとズリアノフでブラルーズに対処していたことの一端がうかがえる」



「しかし、上の2人がサイドのブラルーズをマークできない状況もある」

「そらあるわな」

「その時の守備はどうするかというと」

「アルシャフィンがマークする」



「アルシャフィンがサイドに出て、ブラルーズにボールが渡りそうなら共に下がり、味方が回収しそうなら前に出てカウンターの種になる」

「アルシャフィンが引いた場合は下の写真のようになる」



「しかし、盛大に右サイドがあいている」

「守備の側は、ボールと逆サイドの方に人がいるという不思議な図やな」

「ここにも、オランダの狙いの一端があらわれている」

「このような守備方法は、ブラルーズが攻撃的に素晴らしい選手であった場合、採用するのは難しい」

「例えば、ブラルーズがフリーの状態でどこにでもボールを落とせる選手であれば、それだけで守備は危機に陥る」



「ゼ・マリアのような選手やな」

「わかりにくい例えやな」

「ドリブルが得意であっても、非常に困る」



「ボジングワやシシーニョのような選手であれば、サイドを突破されて守備どころではなくなる」

「例えば、下の場面で23番が上手いドリブラーだとすると、ディフェンス的には終わった状態に近い」



「周囲にスペースがあり過ぎやからな」

「前半、オランダが苦しんだのは、下の守備に見事にはまってしまったことが原因だった」



「いわゆるトラッップディフェンスやな」

「そして、ボールを奪われた後は、右のスペースに送られることで苦しんだ」



「例えば、アルシャフィンが持ち込むと、中央より左にいるパブリュチェンコがちょうどファーからニアに動く形になり、ディフェンスの裏を取りやすい」

「その辺りも上手くできている」

「前半は、ロシアの手にのせられてしまったオランダ」

「後半、黙っているわけにはいかない」

「そこで、どのような手段を取ったのでしょうか」

「というのが軽い戦術問題なわけですが」

「続きはこちらから」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:
戦術の教科書
EURO準々決勝、オランダ対ロシア、1−3 ・オランダのスタメン ニステルローイ スナイデル、ファン・デル・ファールト、カイト エンゲラール、デヨング ジオ、マタイセン、オーイエル、ブラルーズ ファン・デル・サール 控え GK ティマー(13)....
WEBLINK[URL] y2008/07/01 18:05z


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター