週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[361] [360] [359] [358] [357] [356] [354] [353] [351] [350] [349]
「なんと」

「遂にスペインが決勝に進んだ」

「無敵艦隊と呼ばれて沈没するのが常やってんけどな」

「その手垢のついた呼び名が今回は実現する可能性が出てきた」

「まずはめでたい」

「先発はこう」



「スペインはいつものメンバーやな」

「ロシアもメンバーとしては、予想通りだったのだが」

「そのプレーというのは、予想しがたい内容だった」

「予想しがたいというか想像しがたいというか」

「実は、この試合が、どうして0-3の大差で終わったか、という理由のほとんどは最初の5分間に凝縮されている」

「うむ」

「そこで、5分でわかるロシア対スペインというのを最初の題目にしたい」

「最初というからには、続きがあるのか」

「次が、ロシアの守備、その後に、セスクの意味、トーレスとグィサの違い、と続く」

「長いな」

「ただでさえ長いねんから、無駄口はつつしんでや」

「努力するわ」

「まず、ロシアのこの試合の方針は、開始44秒から1分6秒の間に見られた」



「これは、その22秒間につながれたパスを表している」

「ズリアノフからサイドチェンジ、そこから10本のパスがつながってスローインになる」

「途中スペインの選手に触られてはいるけどな」

「赤い線はそれを表している」

「これは、この試合、つないで攻めますよ、という意思表示やな」

「ロングボールに弱いスペインに対し、正面から戦うことを宣言している」

「要するに、つなぐの大好きスペインと同じ土俵に上りますよ、ということでもある」

「そうやな」

「次のプレーは1分26秒」

「サイドで、ロシアの選手が縦にショートパス」



「ロシアは左に攻めている」

「パスは、簡単にカットされる」



「赤がロシア、地味な黄色がスペイン」

「このカットのされかたは技術的に問題がある」

「そんな短いパスをカットされていては、つないで攻めることなどできない」

「ロシアの選手は、基本的に上手いが、こういったどうにでもなる場所でぽろっと間違える」

「対して、スペインはそれがほとんどない」

「いわゆるパスサッカー同士の対決で、その差は大きい」

「勝手にこけるロシアが不利になる」

「お次は、2分18秒」

「キーパーへのバックパスを、パブリュチェンコが追いかける」



「しかし、簡単に横にはたかれて、なんの意味もない」



「この状況で追っても、後ろにスペースを残すだけで、一文の得にもならない」

「回りが見えてないのか、気合が空回りしているのか」

「不可解なプレーになっている」

「そして、2分27秒」

「ロシアは、前に4人の選手を並べてプレスをかけているように見える」



「しかし、ボールを持っている選手との距離があり過ぎる」

「そしてなにより、そのすぐ横に大きな隙間が空いている」

「プレッシャーの意味はなにもない」

「そこを通されて下のようになる」



「前に出た赤い選手が置いていかれ、中盤にぼっかり穴があいている」

「無駄プレスというやつで、集団でスペースを消していないから、前に出たことでかえってピンチを招く」

「守備の意思統一が見られない、ということやな」

「というか、何を狙っているのかがわからない」

「その後は、2分57秒」

「中盤、自陣でアルシャビンがボールを持つ」



「そこで、ピンクのパスをフェイクにして、白い矢印のパスを出す」



「おそらく狙いは股抜きやな」

「ところが、シャビに読まれて跳ね返される」



「これは危ないプレーやな」

「遠くに跳ねたからよかったものの、シャビの前にこぼれたり、別の角度で跳ねてスペインの選手の前にこぼれたりすると、一気にカウンターを喰らう」

「自陣で股抜きをしかけてはいけないということか」

「というか、アルシャビンの狙いが、シャビに完全に読まれたことの方が問題やな」

「そうか」

「細かくパスをつないで攻めるとなると、一対一で相手の裏を取ることが必要になる。それなのに、ロシアで一番上手いと思われるアルシャビンがこうも簡単にパスを読まれてはその点に不安が残る」

「要するに、相手の裏を取りながらつないで攻めたら、餅は餅屋でスペインの方が一枚上といいたいわけか」

「次は、3分28秒」

「アルシャビンがセルヒオ・ラモスを背負ってボールを受ける」



「ターンしようとするが」



「簡単に体を入れられてしまう」



「左から攻めたいロシアとしては、これはきつい」

「アルシャビンがキープして、セルヒオ・ラモスを引っ張った後、上がってくるジルコフを使いたいところやからな」

「アルシャビンが負けてはどうにもならない」

「おまけに、ジルコフもセルヒオ・ラモスを相手に勝てなかった」

「グループリーグでは勝ててたのにな」

「一度振り切って追いつかれるシーンがあったから、疲労が原因だろうと考えられる」

「ジルコフが疲れているなら、他の選手もそうだろうという予想はつく」

「ロシアとしては、スペインを崩すとっかかりにしたい左サイドを押さえられた、選手に疲労の色が見えたというのはマイナスだった」

「次は、4分49秒」

「まだあるんか」

「まだまだあるで」

「これは、ロシアのディフェンダーが頭でクリアした場面」



「それが、味方につながらない」



「このクリア自体は、わりと難しいものだったが、他でも、このような場面は多く見られた」

「5分38秒、7分33秒、12分56秒とかのプレーやな」

「クリアが攻撃の起点になれないのは痛い」

「特に押されている時はそうやな」

「最後のプレーは、5分10秒」

「ちょっと待て」

「なんや」

「開始5分でわかるロシア対スペインじゃなかったのか」

「切り捨てれば5分や」

「ああ、そうか」

「納得したんか」

「そういうわけでもないけどな」

「中央でシャビがボールをキープする」



「この時、サイドに大穴があいている」

「そこに走りこむのは、セルヒオ・ラモス」



「自分へのパスで縦に抜け出す」



「この場面では止められてしまったが、セルヒオ・ラモスにここまでスペースを与えてはまずい」

「オランダ戦では、ここを空けて相手を誘い込んだんやけどな」

「ブラルーズとセルヒオ・ラモスはまるで違う。クロスは遥かに正確だし、縦に勝負もできれば、中に切り返してシュートも打てる」

「実は、お手紙が来て、日本の解説者が、これをロシアのトラップディフェンスが失敗しているから云々といっていたが、実際どうなんでしょうという質問があった」

「どうなんや」

「まず、ヒディングは、第一戦で非常に気を使ってスペインの右サイドを止めに行っている」

「そのあたりはこちらから」

「つまり、セルヒオ・ラモスを自由にしてはいけないということを知っているわけで、それをわざわざ誘い込む理由がない」

「しかし、実際にロシアの左はやたらとスペースが空いていた」

「おそらく、アルシャビンが戻るはずだったのに戻らなかったのだろうと考えられる」

「ムトゥと同じような理由か」

「一戦目でそこを止めようとしていた監督が、二戦目で急にそれを放棄して守備を崩壊させるとは考えにくい」

「なんにせよ、そのトラップディフェンスが失敗している云々という話の内容がもう少し具体的にわかれば、答えも違ってくる可能性がありますので」

「ご存知の方はお教え願えればと」

「とりあえず、最初の5分のおさらいだけはしておくか」

「箇条書きにすると、下ようになる」

・ロシアは細かくつなぎ、スペインと同じ土俵に上がった
・ロシアは、つなぐ途中でミスが出る
・守備で前に出るがその横、裏にスペースを残す
・1対1の読み合いで勝てない
・セルヒオ・ラモスとの1対1に敗れ左を抜けなかった
・ジルコフから推察して疲労が蓄積していた
・クリアがつながらない
・右サイドにスペースを残し過ぎた

「全部ロシアの敗因として採用できるな」

「その辺りを書く場合は、押さえておきたい」

「しかしや」

「なんや」

「たった5分でこれだけ問題が発生するのも珍しいな」

「珍しいわな」

「それに、ロシアのプレーが第一戦より内容的に落ちてしまったのは残念ではある」

「中盤の守備がとにかく滅茶苦茶やったからな」

「中盤か」

「その点については」

ロシアの守備編にて」


Rg
解説者のコメント
まず、お忙しい中ご教示いただきまして
ありがとうございました。

また、質問が正確さを欠き申し訳ありませんでした。

私の記憶が正しければ、

1:ロシアは片方のサイドを捨てているが、
2:上手くスペインはその捨てたサイドを使って攻めているのが面白い
3:また、捨てたサイドから逆サイドに持って行って攻めている

というものでした。

ロシアの疲労が問題で、守備が崩壊したということは素人の私ごときには分からなかったのですが、

解説者たちは

4:ロシアは積極的に来ているけど
5:スペインだからこそのプレスをかいくぐって
6:攻めていけるんですよ
7:セスクが変わってから距離感も良くなって
8:ボールが繋げるようになったこともあるし
9:ロシアはちょっとボールを取れないですね

と述べ、

試合終了後、

10:ロシアは健闘したが何も出来なかった

と言ってました。ロシアの守備に関するコメントは確かこのようなものだったと思います。
y2008/06/28 15:32z NAME[ZERO] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター