週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[359] [358] [357] [356] [354] [353] [351] [350] [349] [348] [347]
「さて」

「前半は、トルコがうまく試合を運びながらも追いつかれた」

「苦しいといえば苦しい」

「リードを奪うつもりでキックオフから無理をして、同点にされたわけやからな」

「その分、後半は、体力的にも苦しくなる」

「具体的には、中盤での守備がほころびはじめる」

「徐々に相手に詰めきれなくなっていく」

「1人でも詰められなくなると、全体が下がるしかない」

「例えば、下のような形での守備はできない」



「もし、サイドのボールを持った選手に詰めていない状態で、その横が前に詰めると、そこに段差ができる」

「その間を通されると、守備は大体終わる」

「そうなると、横の選手も下がらざるをえない」



「そして、ドミノ倒しのように全体が下がる」

「ディフェンスラインも裏へのボールが恐くて下がるようになるしな」

「この現象は、疲れが溜まるほどおこりやすくなる」

「まずは、79分」



「白いドイツは、左に攻めている」

「右サイドから短いパスが2本中央につながり、そこからサイドへ展開」

「これをラームが受ける」

「縦にドリブルを入れて何を狙うかというと」



「必殺の内への切り返し」



「そして、これまた必殺のクロス」



「中でクローゼが合わせてドイツが勝ち越し」



「ここで一つ不思議なことがある」

「うむ」

「クローゼのシュートにおいて、キーパーの姿が見えない」

「ゴールが無人やな」

「実は、上の写真で、クローゼのところで3人重なっていて、クローゼの後ろにディフェンダー、そのまた後ろにキーパーのリュシュトゥがいる」

「もろかぶりか」

「正にその通り」

「クロアチア戦に続き、またもゴールをお留守にしてしまったわけやな」

「そうやな」

「そんなミスもあり、ドイツがリード」

「2対1」

「トルコとしては、非常に苦しい」

「疲労、主力の欠場、交代の不足、といった要素がより重くなる後半79分でキーパーのミスもあり失点」

「これはきつい」

「しかし、7分後に同点に追いつく」

「ほとんどありえんな」

「理屈で考えるからありえないわけで、それを越えたところにこのゴールはある」

「右でラームを振り切ったサブリ・サリュオールがゴールラインまでドリブル」

「クロスに対してニアポスト手前に飛び込んだセミフがつま先で合わせる」

「コースを変えたボールは、レーマンの横をすり抜けゴールへ」

「2対2の同点」

「86分」

「ひょっとするとまたもトルコが……という雰囲気になる」

「しかし、90分」

「右サイドから中央にボールが渡る」



「そこから左サイドに展開」



「ボールを受けたラームが、中央に切れ込む」



「中央のヒツルスペルガーにパス」



「ワントラップで縦を向いた後、前に抜けるラームに戻す」



「キーパーの動きを見てニアサイドを抜きゴール」



「ドイツが勝ち越し」

「そのまま逃げ切った」

「上のドイツの2点は、同じような出だしから生まれている」

「右サイドからパスをつないで、相手の中盤の前を横切るように左へ展開、ラームがドリブルから中に切り返す、というところまでは同じやな」

「前半のトルコは、このような流れを許さなかった」

「トップのセミフはボールを追えなくなっていたし、中盤は前に詰めきれなくなっていたので、あの時間帯ではしょうがない」

「対するドイツは、やはり左サイド頼みやな」

「結局は下の2つしかないな」



「相手としてはこれを止めたいと」

「そして、ドイツの左から攻撃を仕掛けたい」

「トルコの得点は2つともドイツの左サイドからだった」

「これは偶然ではなく、意図的にそちらからの攻撃を狙っていた」

「そこの守備が甘いのは、ポドルスキーの戻りがどうしても遅れるのが原因やな」

「戻っても相手に詰めきれないからパスをつながれるというのも大きい」

「ラームが穴というわけでもないねんけどな」

「彼は、前半自陣ゴール近くでパスミスをしたこと、サブリに抜かれて同点を許したことがかなりのマイナス評価だとは思うが、それ以外では、守備も攻撃も実にいい働きをしていた」

「特に最後のシュートなどは抜群に上手かった」

「下の場面やな」



「これは、シュートモーションに入る直前やな」

「まず、キーパーの方をきちんと向いているのがいい」

「そこから、ファーサイドのピンクの矢印へ打つフェイントから、ニアサイドへシュート」



「この流れと技術は、ファン・ニステルローイやバチスタがゴールを決めると時とまったく同じであるというのが素晴らしい」

「そりゃ、同じ状況でゴールを決める技術がほとんど同じになるのは当たり前やろ」

「サイドバックがフォワードと同じ技術を的確に使っているというのがよろしいわけや」

「さよか」

「いわゆる、決定力というのを改善しようと思ったら、正しい場面で正しい技術を使えるようにならないとしょうがないしな」

「コントロールも上手かった」



「ここでは、ギザギザ線でドリブルのようになっているけど、ラームはワンタッチでキーパーと向かい合ってそのままシュートにいける場所にボールをコントロールしている」

「これもまた大切なことやな」

「このシーンで見れば、技術的に上手いフォワードと同等のものがある」

「たいしたものであるな」

「なんにしても、この試合でドイツの長所は左サイドであり、弱点もまた左サイドであることがはっきりとした」

「決勝の相手は、それを突いていきたいところやな」

「それがスペインになるのかロシアになるのか」

「今夜の試合が楽しみというところで」

「また次回」

「ご機嫌よう」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター