週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[353] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342]
「さて」

「前回まで、ヒディングの戦術的恐ろしさを見てきた」

「相手を誘い込み、裏を取る形でロシアが56分に1点をリード」

「攻めるしかなくなったオランダは、62分にエンヘラールを下げてアフェライを入れる」



「イタリア戦でも見せたファン・デル・ファールトが一つ下がる形やな」

「これに対して、オランダは、69分にセムショフを下げてビリアレトジノフ、81分にサエンコを下げてトルビンスキーを入れる」



「味わい深い交代やな」

「81分のトルビンスキー投入のタイミングなんかはそうやな」

「ロシアの選手は、78分からぱったりとボールに詰めることができなくなり、オランダが自由に攻め、ゴールを奪われるのは時間の問題に見えた」

「いわゆるヘロヘロの状態やな」

「それを見てトルビンスキーを送り、これにより守備での組織がある程度復活した」

「選手としては、もうあかんと思う時に援軍が来るようなもんやな」

「あのタイミングで出すのかというのは、非常に参考になる」

「あと、アルシャフィン、パブリュチェンコを代えない辺りも味わい深い」

「前線を1人削って、中盤を増やしてリードを守り切る、という考えも当然成り立つ」

「81分で一点リード、相手がオランダということを考えると、ついついそうしたくなると思うけどな」

「それだと、もし同点に追いつかれた場合に反撃の糸口がなくなる」

「まあ当然良し悪しはあるけどな」

「実際はというと、86分にオランダがフリーキックから同点に追いつく」

「なんともはや」

「1-1のまま延長戦に入る」

「そこで優位だったチームはどちらかというと」

「ロシアだった」

「ここが凄いな」

「凄いな」

「作戦が見事に決まってリードしたのに、終了近くで追いつかれる」

「選手としては、やられた、という思いがあるし、がっくりもくる」

「そこでもう一度ネジを巻きなおし、プレーで追いついた相手にまさり、再び突き放すというのはそれだけでも凄い」

「監督がまずいと思ってたらそれはできんな」

「ヒディングは、追いつかれた時点でも勝算があって、さらにはそれを選手に伝える力があるということやな」

「状況としては決して有利なわけじゃないんやけどな」

「このことが、戦術で勝ったことより、ヒディングの恐ろしさを示していると思うけどな」

「そうなんか」

「オランダの右を誘い込んで、その裏を叩く、ということ自体は、戦術が好きな監督やったら思い浮かぶし、実行可能なことやと思うんや」

「まあな」

「交代が絡んでいるだけ、今回の方が高度やけど、バルサがポルトアレグレに負けた時も、同じような形やったからな」

「参考は、この辺りやな」

「それに比べて、オランダを相手に点を取って勝つ、攻めて勝つ、それで勝てるということを選手に信じさせ、それにむかってチームを結集して戦わせることのできる監督というのは、この世にほとんどおらんのちゃうか」

「それはおらんやろ」

「例えば、ロシアが最後の交代を行ったのは、延長終了5分前の、115分だった」



「トップのパブリュチェンコに代えて、シチョフやな」

「これは、112分にトルビンスキーが勝ち越しゴールを決めてから行われている」

「そうやったな」

「もし、1-1でPKを目指すなら、この交代がもっと早くてもいいはずやろ」

「中盤に近い位置に走れる新しい選手を入れる方が、守備としては楽やからな」

「前の2人、パブリュチェンコとアルシャビンを最後まで、点を取るまで残したというところに信念を感じるわけや」

「それはそうかもわからんな」

「この試合は、戦術面もさることながら、監督の信念や人格がチームに及ぼす影響という意味でも非常に素晴らしい試合だと思いますので」

「この文章が、ビデオを見返す時などの参考になれば幸いです」

「というところで」

「今回はこの辺で」

「また次回」

「ご機嫌よう」

参考:ロシア対オランダ補足
選手配置など色々な補足

Rg
交代の意図
スィチョフはスピードのある点取り屋です。

ヒディンクの交代は疲れた選手を元気な選手に換えるものでした。

唯一の例外が初戦ブィストロフを長身FWアダモフに代えたことでした。
それまでは失点を重ねてもロシアペースだっただけに悔やまれる采配でした。

y2008/07/18 02:00z NAME[ロシアファン] WEBLINK[] EDIT[]
Re:交代の意図
トルビンスキーの投入などは、疲れた選手を代える絶妙なタイミングでした。
疲れた選手を代える、素晴らしい交代だったと思います。
y2008/07/20 10:01z


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター