週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340]
「さて」

「クロアチアは、いかにして最後の失点を防ぐべきだったか、ということやな」

「それを考えるために、下の三枚の写真を眺めてみたい」







「ふむ」

「鍵は、二枚目の写真で、この時、青い2人のディフェンダーは、片足が下がりつつあることがわかる」

「三枚目で、確かに足が後ろに出てるな」

「これは、守備として非常に基本的な部分を間違えている」

「ふむ」

「常識として、ディフェンスは、ボールがどこに飛ぶかわからない状況では、あらゆる方向にすばやく動くことのできる体勢をとらなければならない」

「ある方向に動いていたのでは、そこから外れた部分に対応できないからやな」

「それは、沈み込みや、準備動作と呼ばれるもので、両足に均等に体重をかけ、膝を軽く曲げて重心を沈ませる」

「テニスの選手がレシーブの時によく行う」

「バドミントンでも重要になる」

「サッカーでは、それを実現するために、軽くジャンプする姿がよく見られる」

「マケレレなんかがそうやな」

「ちょっと飛びすぎぐらい飛ぶこともあるけどな」

「それで、その技術がもっとも多く使われる場面というのは、空中で二人の選手がボールを競り合う時になる」

「斜め前後左右、どこにボールが飛ぶかわからないことが理由としてある」

「まさに、この状況がそれにあたる」



「ここで準備動作をしていなかったことが致命傷になったわけか」

「実は、2人のディフェンダーは、ここから二歩半も下がる」

「それがなければ、確実にクリアできていた」

「クリアをしていれば、そこで笛が鳴り、クロアチアが勝っていた」

「運命の分かれ道かね」

「ここで、ミスをした選手の1人は、ロベルト・コバック」

「うむ」

「そして、ミスをした内容は、2人の選手が空中で競り合う時に周囲は準備体勢を取るという非常に基本的なことだった」

「数学でいえば、技師が九九を間違えるようなもんやな」

「よくわからん例えやな」

「そのくらい基本ということや」

「コバックほどの経験を積んだディフェンダーがこれを間違えるというのは、状況を抜いては理解できない」

「延長ロスタイム、残りワンプレーで得点をとられなければ終わり」

「それが、彼をゴール方向へゴール方向へと引っ張ったとしか考えられない」

「ボールを近づけたくないから、ゴールのすぐ前で守ろうという意識が働くのかね」

「ロベルト・コバックがこのようなミスをおかすとしたら、地球上のほとんどの人間は同じ間違いをおかすと思っていい」

「いきなり話が広がったな」

「なんにしても、沈み込み、準備動作というのは非常に大切だから、選手も監督も日々の練習でこれをおろそかにしてはいけないということやな」

「そういう結論か」

「事実だからしょうがない」

「あと、この失点を防ぐという意味で、クロアチアとしては、オフサイドで相手にきっかけとなるフリーキックを与えたのがまずかった」

「下の形か」



「ラキティッチがボールを奪い、トルコの選手をひらりひらりと2人かわす」

「縦に走るフォワードにパス」

「センターサークル付近でオフサイドを取られ、トルコにハーフラインに近い位置で間接フリーキックが与えられる」

「クロアチアのゴールに近い位置だったからこそ、いいボールがエリア前に入った」

「やはり、ここでは下のように出したい」



「コーナー方向か」

「ここでボールをキープすれば、クロアチアの勝ちだった可能性は非常に高い」

「しかし、オフサイドを取られたら結局一緒ちゃうかね」

「フォワードは、間に合わないと思ったら止まればよくて、そうすればオフサイドは取られない。キーパーがボールに追いつくのは深い位置だから、ロングボールの脅威としては薄らぐ」

「あの状況で止まるのは無理やろ」

「それに、もし、サイドの奥に蹴ってオフサイドを取られれば、ボールを蹴る地点に動かすために時間がかかる。あの場合は、中央に蹴ってキーパーに直接取られたから、すぐに蹴られてディフェンスを整える時間が少なかった」

「それはあるかもわからんな」

「これも基本やけど、やっぱり世の中最後は基本が大切やから、普段の練習からそれを意識してやらなあかんと痛感する次第や」

「反省しきりやな」

「まさに」

「では、最後に、前の文の一番最初の方ででてきたクロアチアの見事なプレーを分析して終わるか」

「ええで」

「続きは」

こちら

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター