週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341]
「大熱戦は、PKの末、トルコの勝利」

「非常に面白く、かつ興味深い試合であった」

「0-0のままずっと進んで、119分にクロアチアが先制、121分にトルコが同点に追いついた」

「なんとまあ」

「おそろしい試合であることか」

「先発はこう」



「トルコは、1-4-1-4-1のような形をしている」

「ポーランド対クロアチアで見たように、中盤のスペースを消し、特にモドリッチを自由にしない意味がある」

「それでもやられてたけどな」

「特に、19分にオリッチのシュートがバーを叩いたシーンなんかがそうやな」

「あの時のクロアチアの攻撃は、非常に美しかった」

「それは、あとでたっぷり鑑賞することにしてや」

「この試合、クロアチアは、守備であまりプレスをかけていかなかった」

「意外ではあったが、トルコにまったくチャンスを与えなかった」

「監督の判断は正しかったということやな」

「シュートのデータは下のようになる」



「まいどおなじみUEFAの図

「便利なことこの上ない」

「スペインリーグでも同じことをやって欲しいぐらいやな」

「それはさておき、赤いトルコのシュートでエリア内のものは4本ある」

「クロアチアに比べて少ない」

「それだけでなく、その4本は、1本が88分のもので、残りは全部延長に入ってからのものなんや」

「つまり、90分の中では非常に良く抑えたと」

「そうなる」

「この試合、劣勢のトルコは実によく我慢していて、勝負をかけたのは76分」

「フォワードのセミフ・シェンテュルクを投入して、フォワードを増やす」



「フォワードを増やした後も、無理に勝ちに行くような手は打たなかった」

チェコ戦では、無理やり対称性を壊してでも点を取りにいってたのにな」

「同点だから危険をおかさないというのもあるが、とにかく我慢に我慢を重ねて時を待った」

「しかし、延長終了間際の119分に失点」

「これはあかんと誰もが思った延長ロスタイム」

「クロアチアのオフサイドから、キーパーが間接フリーキック」

「ペナルティーエリアぎりぎりに蹴り込んだボールが競り合いからこぼれ、セミフ・シェンテュルクがボレーシュートを決めた」

「トルコベンチは喚起の渦」

「そのプレーを詳しく見てみようと思う」

「よかろう」

「キーパーがロングキック」



「この時、赤いユニフォームの4番が見える」

「これは、トルコセンターバックのギョクハン・ザンで、パワープレーのために前線に上がっている」

「次に、ボールが落ちてくるわけだが、この時、右から赤い選手が入ってくる」



「その選手が競り合う手前でジャンプ」



「これがクリアを難しくさせ、ボールが右にこぼれる」



「それを、セミフがシュート」



「ディフェンスに跳ねたボールがネットを揺らした」

「またもや、イスタンブールは大爆発」

「ではあるがだ」

「どうした」

「クロアチアの側としては、これを防ぎたかった」

「当たり前やな」

「そこで、次にこれを防ぐ手段があったか否かを考えようと思うわけや」

「ふむ」

「続きは、こちらから」

「なぜ分ける」

「個人技術にかかわることやから、分けておきたいんや」

「さよか」

「続きは」

こちら

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター