週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[358] [357] [356] [354] [353] [351] [350] [349] [348] [347] [346]
疑問点:下の状況で、ヌーノ・ゴメスはファーサイド側にシュートを打てなかったのではないか?結果的にニアになっただけではないか?

写真中央の白と黒の選手がメルテザッカー、左の赤い選手がヌーノ・ゴメス

時計回りにターン


この状態でヌーノ・ゴメスとボールの動きを把握可能


左足を斜め前に出す


左足着地


右足着地


軸足の外側を抜かれる


以上の写真で見られる通り、メルテザッカーはファーサイドへのシュートコースを切るために動いています。
もし、ヌーノ・ゴメスがファーに打つことのできない状態であれば、そちらにはシュートが飛ばないのですから、ニア側を防ぐための動きをみせるはずです。
例えば、下図の状況から、左足をより左に出して踏ん張り、右へ動こうとするといった行動です。



動きから、メルテザッカーはファーサイドにシュート可能であると信じていたと考えられます。
それが正しければ、ヌーノ・ゴメスに二つの選択肢があったことになります。
もちろん、メルテザッカーが判断を誤っただけであるという可能性も否定できませんが、難しくても、ファーに打てる状況だったのではないでしょうか。

またなにかありましたら、よろしくお願いします。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター