週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338]
「ドイツがポルトガル相手に3得点」

「準決勝進出を決めた」

「先発はこう」



「ドイツは、1-4-2-3-1のような形に改めた」

「バラックがプティのマークに上がると、1-4-4-2のようにも見える」

「話は違うけど、6番のロルフェスは、実にいい選手やで」

「とりあえず、得点と選手、システムの変化だけをおいかけてみる」

「22分にドイツ先制

「ポドルスキーが左を縦に抜けてクロス、中でシュバインシュタイガーが合わせる」

「26分に追加点」

「フリーキックからクローゼ」

「それは、後ほど詳しく見るとして」

「31分にモウティーニョが怪我で交代」

「メイレレスが入る」



「前半も終わりに近づくと、左のクリスティアーノ・ロナウドが戻らなくなる」



「監督の指示かどうかは定かではないが、2点負けていることを考えるとこうやりたくなる」

「ここで面白いのは、ポルトガルのボールの流れで、薄い左サイドでボールを取り返し、ロングボールを使わずにつないでいくと、自然と右に流れる」



「前線ではクリスティアーノ・ロナウドが左にいるので、そこにつながると、ちょうどディフェンスを右に振って左に振る形になる」

「これは、なかなか面白い現象やな」

「これが、後半1-4-4-2に組んでからはあまり見られなくなったことも興味深い」



「この試合では、下の図の右側での勝負が面白かった」



「ラーム対シモン、ポドルスキー対ボジングワか」

「まず、ラーム対シモンは、ボールを持った方が不利」

「ドリブルで仕掛けようとするシモンをラームは完全に抑えた」

「まったく抜かせへんかったな」

「動きを見てると、フェイントが全部読るみたいやからな」

「ちなみ、ラームは、ボジングワに対しても抜かせなかった」

「何度か縦にスピードを勝負を挑んできたが止めた」

「彼の活躍は実に大きかった」

「ただ、逆にラームが上がって、シモンにマークされる形になると、これまたなにもできなかったけどな」

「面白い相性やな」

「ポドルスキー対ボジングワはその反対で、ディフェンスに回った方がなにもできない」

「ボジングワはポドルスキーのボールを取ることができないし、逆もまたしかりやな」

「実は、ドイツの一点目は、ボジングワがポドルスキーに対して不用意に飛び込んだのが発端だった」

「ワンツーで置いていかれた場面やな」

「それに、彼は逆サイドからのクロスに対する応対もまずく、守備面で問題が多いわけや」

「そうやな」

「チェルシーが買ったらしいが、果たしてうまくやっていけるのかどうか、不安にならんかね」

「どうなんやろな」

「来シーズン、注目してみたいところではある」

「なんにせよ、前半は、ポルトガルが一点を返して終わった」

「40分にヌーノ・ゴメス」

「この得点は、技術というか、読みの部分で非常に興味深かったので、次で、そのあたりを詳しく見てみようかと」

「続きは」

こちらから」

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:
EURO'08 ドイツ vs. スペイン ~脳内で戦わせてみる~
*おことわり ドイツは全く見られていない管理人です。 ので、ここ1,2やここ1,2を見て勉強。 あとは、記憶と雑誌情報で補完しています。 ■試合展開の予想 「試合内容は、点の取り合い(少なくともシュートの撃ち合い)になるだろう。」 スペインは、ドイツの攻撃を受け止められないだろう。 ドイツのサイド攻撃を受けて、崩されなくても、FKの一本でも与えれば、 ミスマッチがだらけの中、高さ勝負になる。 はっきり言って、スペインがその勝負で勝ち続けるのは難しい。 ドイツも、スペインの攻撃を受け止められないだろう。 高
WEBLINK[URL] y2008/06/29 06:27z


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター