週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [335] [334] [333]
「ロシアがチームとして、下の形を狙っている、という話の続きやな」



「ディフェンスラインから、サイドにボールが入る」



「それをコントロールミス、ディフェンスが前に出てクリアを狙う」



「ディフェンスは、ボールに触るものの、それがちょうどロシア選手の目の前にこぼれる」

「そこで、中央の選手がサイドのスペースへ猛ダッシュ」



「ダイレクトで縦へ」



「これに対し、サイドにいた選手がクロスするように中央へ」



「そこへパスが出る」



「中央へ進路を取り」



「前方へ進むフェイントから横パス」



「フォワードが逆サイドに決める」



「正に下の形になる」



「これはあれやな」

「なんや」

「セビージャ時代のフアンデ・ラモスもこれに似た形を狙ってたな」

「サイドをへスース・ナバス、その内側に走りこむのがアウベスだとしたら、そっくりではある」

「ただし、セビージャは、一つ後ろを狙うというようなまだるっこしいことはせず、思いっきり上の図の赤いコースにクロスを蹴る」

「中で、カヌーテ、ルイス・ファビアーノ、外からプエルタといった選手が飛び込んで押し込む」

「いまとなっては懐かしい」

「それはさて置き、例えば、下の図でも同じようなパスが見られる」

「サイドでボールを持って」



「中に返す」



「上で述べた場所に選手が入ってきているのがわかる」

「ロシアとしては、前に選手をかけて、単純にクロスを上げていたわけではなく、サイドと中央のディフェンスの間にできる空間に人を入れ、それをワンクッションにすることで相手を崩そうとしていた」

「まあ、そういうことになる」

「ちなみにや」

「なんや」

「前の得点シーンで、プレーの間とか溜めと呼ばれることに関して、実に興味深い場面があったんや」

「そうなんか」

「続きはこちらまで」


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター