週休たくさんで主にスペインサッカーを分析
[364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [354] [353]
最も自然な組み合わせは下図の通り。



この状態では、スペインの方が有利である。

スペインが警戒すべきドイツの攻撃は2種類。



ロングボールと左サイドである。
スペインの守備は、ロングボールをキープされると弱い。
実例は、スウェーデン戦に見られる。
ドイツは、ロングボールをフォワードに入れることができない。
トルコ戦で、ディフェンスラインからクローゼに通ったパスは下の通りである。



スウェーデン戦前半で、イブラヒモビッチに出たパスは下の通りである。


バラックへのパスは下の通り。



バラックは、クローゼより下がってパスを受けることが多い。
クローゼ、バラック共に、ラームから最も多く受けている。
ドイツのフォワードへのロングボールは非常の少なく、スペインに有利である。

ドイツは、左からの攻めに非常に依存している。
具体的には、ポドルスキーとラームである。
スペインで、これに対するのは、セルヒオ・ラモスとシルバである。



セルヒオ・ラモスがポドルスキーに抜かれることはなく、ポドルスキーがセルヒオ・ラモスを止めることはできないと予想される。
ラームとシルバの関係については不明である。
もし、シルバがラームを止めたならば、ドイツは攻める場所を完全に失う。
シルバがイニエスタに変わっても、同様である。

ドイツの左サイドを押さえるには、1-4-1-4-1も有力である。



ファブレガスがシルバにヘルプに行き、トーレスはメルテザッカーにボールを持たせるように動く。
トルコと同じ作戦である。
ドイツの攻撃は、これによりほぼ確実に防ぐことができる。



ドイツは、前線にゴメスを入れることができる。
しかし、グループリーグのデータは、彼にロングボールがほとんど入らないことを示している。
クラニイを入れることもできるが、その効果は未知である。
左サイドは、ポドルスキーを外し、シュバインシュタイガーを入れる方が守備においてよい。
その場合、右サイドはポドルスキーとフリッツが考えられる。



ドイツは、守備的な交代は可能だが、攻撃的な交代が難しい。



守備には、ヤンセン、ロルフェス、ボロウスキー、フリッツなどが考えられる。
攻撃では、オドンコー、ノイビル、そして、上述のゴメス、クラニイである。
劇的に攻撃を変化させる選手はいない。

スペインは、状況によらず、グィサ、カソルラ投入の可能性が高い。
続いて、シャビ・アロンソ、セルヒオ・ガルシアであろう。



セルヒオ・ガルシアの右サイドは、左サイドからのクロスにおいて、ラームと競り合うときに有効である。



ドイツはロングボールでスペインの弱点を突くことができない。
左サイドを止められると、ボールを前に運ぶ手段がない。
スペインにとって極めて有利である。
残る手段は、セットプレーである。
しかし、それを得るには、ボールを敵陣に運び、ファールを奪うか、コーナーキックにつなげるかしかない。
それも難しいほどにドイツの攻撃は渋滞するであろう。
ドイツとしては、中盤でスペインの攻撃を食い止めるか否かが鍵になる。
だが、トルコ戦から判断して、それも難しい。
ドイツに有利な展開は、ゴール前で人数をかけて防ぎ、持久戦に持ち込むことである。

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
studio c60
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター